▲ トップページへ戻る

Cappuccino 日記(2010/7)

▲前の月へ 次の月へ▼

指定日の日記へジャンプ → 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14 15 16 17 18 19 20 21 24 25 26 27 28 29 31


※ 以後、日々の健康に関する定常的な記述については、小さいフォントで記述します


7/2

理由はよくわからないが、WiFi → 3G への自動切換えをミスって 3G の電波を掴まなくなることがよくある X06HT。
繋がらなくなってしまったら、機内モードに切り替えれば復旧できるらしい。電源 OFF だとかなりの時間がかかることが
あるので、本当にこれだけで済むなら大変にありがたい。ってか、こんなの明らかな不具合なんだから、早く直してくれ・・・

X06HT だが、7/1 時点で基本プランがオレンジ(X)→ホワイトN へと切り替わったことを My Softbank で確認。全て問題なし。
ついでに、昨月の 3G パケット使用量の実績を見る。17万円分ぐらい。半月でこれだから、一ヶ月だと 30万少々というところ?
もちろん、パケットし放題オプションが効いているので、実際の請求は \4,200(税別)。しかし、家とか出先でも、できるだけ
WiFi を使うようにしていてもコレだ。3G のリミットはおよそ 80万円みたいだからまだ余裕はあるけど、圧迫感がなくもなし。


7/3

疲労が溜まっていたのか、昼過ぎまで大爆睡。ちょっと、寝起きの気分がいい。やっぱり、寝不足で神経が疲れているのか。

雨が、朝からずっと続いている。湿気がものすごい。車庫に置いてある資材を点検しに行くと・・・
すごい・・・寝板代わりにストックしてあるダンボールが湿気をたらふく吸って、全部しなしなになってる・・・(汗)
全部捨ててしまおうかという発作的衝動に駆られたが、もう一度乾かしたら寝板代わりには使えるので、ぐっと我慢。

夏コミ原稿作業で頑張ってもらわないといけないので、メインPCを分解し、埃の掃除と吸気経路の修正。筐体のサイドの穴からも
空気を吸っていたが、はっきりいって CPU しか冷やさない無駄なエアフローが多すぎるので、弱粘着テープで穴を塞ぎまくる。
最終的には、HDD をマウントしているベイの前にある穴からのみ吸気して、ケースファンと電源からのみ排気させるようにした。
これで、フロントからリアに向かう一方通行のエアフローが完成する。また、埃対策も格段にやりやすくなる。いい感じだ。

ついでに、ケースファンを Scythe の SA1225FDB12M から SILVERSTONE RL4Z S1202512LIW-3M(SST-SG05 付属のファン)に変更。
1500rpm → 1200rpm によって 25db → 20db、56.3CFM → 不明(汗)CFM へとなるワケだが、元々から相対的にうるさくなかった
ファンなので、その効果は特にわからないまま。どうせなら、ケース丸ごと静音&小型タイプに交換してしまいたい気分なり。

もう1つついでに、エアフロー改善のため、3.5インチベイからもはや使うこともなさそうな FDD を取り外し、コードを整理。
最後に、5インチベイの光学ドライブの位置を変更。これは、使い勝手の向上が目的。狭いところに PC を押し込んでいるので;


X06HT いじり。nav-u のハンズフリー機能を試す。910SH のときは、接続終了後に nav-u がリセットしたりなどの謎な現象が
起きたものだが、X06HT は改善されているようで、何度か 157 に電話してみた限りではまったく安定している。ただ、いくつか不満が。

  1. bluetooth 経由で nav-u に電話帳を転送できないこと。
    "Bluetooth File Transfer" というアプリがあるのだが、これを使っても nav-u が反応してくれない(涙)
  2. bluetooth 接続している側からのコールでも call confirm が動作してしまうこと。
    できれば、本体側からのコールでは動作して、HSP profile 接続している bluetooth側からのコールでは動作しない
    という仕様であって欲しいのだが、残念なことにそういう動作はしてくれない。アップデート・・・は、期待できないか;

ふと、X06HT の照度センサーがどこに付いているのか気になった。よーーーく調べてみると、"〓Softbank" ロゴのすぐ左に存在した。
強力な懐中電灯で照らしてみると、微妙に色が違うところがあるので解る。光学トラックボールが照度センサを兼ねていると思っていた;

その他にも、色々なアプリを物色。その中で、勝手に国際SMS を送信するという恐ろしいソフトがあるらしいことを知る。
"Location-API for Android " というアプリがそれらしい。メジャーになってくると、危険なソフトも増えるな・・・


サーバいじり。prisonar側の syslog の設定を変更し、prisoner のログを jailer 側に流し込むようにした。これで、いちいち
prisonar にログインしなくても、jailer のログを見るだけで管理が可能になる。prisonar 側の /etc/syslog.conf に "*.* @server"
("server" は jailer 側のサーバ名)という行を追加してほかの行を全てコメントアウトし、/etc/rc.conf の syslogd_flags の内容を
"-ss" から "-s" へと変更。jailer 側は、既に router からの syslog を受け入れるように設定していたので、変更の必要は無し。

いろいろやってると、右手二の腕内側に大きな蕁麻疹が。ああ、無理無理もうだめ。疲れがでてきた。寝る寝る。


7/4

まる一日雨の降りどおし。何をするわけでもなく、時間ばかりが過ぎていく。俺、何をしたっけな・・・?


7/5

休日出勤。7/14 で Windows2000 のサポートが切れるのに伴い、部門サーバの WindowsServer2000 を WindowsServer2003 に
アップグレード。全社サーバでなく部門サーバとはいえ、業務中に停止することは許されないので、できるだけ慎重に対応。

まず、RAID1 のスレーブ側ドライブから起動できなかったのをなんとか起動できるようにしてから、スレーブ側ドライブを外して
マスター側だけで WindowsServer2003 へのアップグレードを実施。システムパーティションのサイズをギリギリにしていたせいで
インストール途中、HDD の空き容量が足りなくなるという問題に見舞われる。だが、幸いなことに、「ファイルを開く」ダイアログが
容量が足りなくなったら都度開くので、慌てず騒がずダイアログの上でファイルを移動し、システムパーティションの容量を確保
(※ 「ファイルを開く」ダイアログの上でも、ファイルの切り取り/コピー/貼り付け操作が可能)。なんとかインストールを完了。

インストールを完了したら、コマンドプロンプトを起動し、Microsoft から拾ってきた linkd コマントを使って、インストール中に
別パーティションに逃がしたファイルのシンボリックリンクを作成。Microsoft的にはジャンクション機能(リバース・ポイント)
というものらしく、厳密にはシンボリックリンクほどの柔軟さはないらしいのだが、今回のような目的には充分に使える。


という感じで、システムパーティション上の巨大ファイルをいくつか、データ用に確保してあるパーティションへと逃がして
(C:\WINNT\$hf_mig$、C:\WINNT\$NtServicePackUninstall$、C:\WINNT\Installer、C:\WINNT\ServicePackFiles、
C:\WINNT\SoftwareDistribution やアンチウィルスソフトのパターンファイルなど)なんとか Windows2003 化を完了。
でも・・・RAM 512MB のマシンだと、Windows2003 はそれなりに負荷が重いな・・・いつまで耐えられるか。


7/6

忙しすぎて、何をする気も起きない。ヤバいな。

というわけで、クソ暑い中、大阪方面へと出張。客先に到着した頃には、汗でYシャツの色が全然違うものに成り果てていた;
そのまま、冷房がガンガンに効いた会議室で打合せ。間違いない。これは、風邪を引いてしばらくクサクサになってしまうフラグ。

右足が、どうにも変な感じ。うまく言語化できない。ただただ、変。それだけ。ひざの辺りの問題かな・・・また・・・

そして、会社に戻った後は、また夜遅くまで仕事。これはもう無理だ・・・正直、これじゃあ同人原稿なんて描けやしない。
睡眠時間を削って頑張れ?もう、若い頃とは違うんだ。体力の限界が絶対的な壁として立ちはだかり、どうやっても頑張れない。


深夜に帰宅後、飯を食いながらノートPC(Latitude X1)をつついていると、いきなり CPU温度表示ソフトが「85℃」とかいう
トンチキな値を報告し、同時に CPUクロックが 315MHz まで強制的に叩き落された(汗)。システムは、ほぼ麻痺状態になる。

どうやら過熱保護機構が動作したようだが、しかし CPU付近を触っても全然熱くない。どう考えても平常運転状態(50〜60℃程度)。
もしかしたら、ヒートパイプが腐食して冷媒が抜けて、熱が筐体に逃げなくなっている?そう考え、キーボードを外して CPU付近を
直接触る・・・が、やっぱり大変にクールな感じ。と、なると・・・温度センサーの故障か、ソフトウェアの不具合か・・・


一縷の望みを託し、電池を抜いて強制シャットダウン。しかる後に起動すると、温度表示は正常に戻り、CPU も平常クロックで稼動。
・・・結局、CPU 温度を管理する部分が異常動作した、ということか・・・そんなんまで異常になるとは。臨終は近いか?(汗)


7/7

寝不足が続くせいか、若干上向きだけど、やっぱり体調は悪い。特に、右手の、肘から先がだるい。ますます原稿ができない・・・
右足の調子も、さらに悪化中。腰痛がほぼ出なくなった分、右手右足のほうにダメージが出まくっている様子。あと、目の疲労と。

常用ブラウザの Opera のバージョンが、10.6 に上がっていた。早速インストールして、Google Map を起動。
お・・・なんとなく、Ajax の起動が早いような気がするぜ・・・?そのあたりを改良したのか。やるな、Opera。


7/8

疲労により、目関係がボロボロ。特に、左目(利き目)に疲労が溜まって、かなり変な感じ。もうダメだ、俺のカラダ。

会社サーバで、どうやっても .NET Framework の WindowsUpdate が途中で失敗する問題が発生していた。
いろいろ試してみた結果、assembly ディレクトリを linkd で別パーティションに飛ばしていたのが悪かったようだ。
オリジナルのディレクトリを元の場所に戻したら、成功するようになった。くっそう。だから Windowsサーバは嫌なんだ・・・!


7/9

雨だなぁ・・・

SBM からの請求確定通知がやってきた。結局、6月度の請求は 6,920円。6月は契約がまだオレンジ(X)(+家族割)状態だったので
基本料が 1,800円程度だったことを考えると、割引無しの平常運転時はここから 1,000円ぐらい下がったところに落ち着く予感。
回線品質を考えたら、請求額としては妥当なもんかな・・・とは思う。docomo だと回線品質が良い代わりに、値段も跳ね上がる。

なお、パケット使用量は 220万パケット。半月でこれだから充分に安全圏だが、ust とか動画とかを見始めたら危ないかもしれないな。


さて、WindowsServer2003 に入れ替えたあと、しばらくは安定して動作していた会社サーバだったが、いつのまにか RAID1 にしていた
ドライブが degrade していた。うっ、いよいよ HDD が飛んだか?イベントビューアを見てみると、\\device\\harddisk3 の
コントローラエラーとか出てやがる。って、つまるところ HDD のコントローラが死亡ってことで。片肺運転は怖いから、
早めに予備機に交換しておかなければ・・・というわけで、たまたま余剰のあった HDD を交換。幸いにもスレーブ側だったので
何の工夫もいらず、HDD の交換と RAID1 の再構築は簡単に終わった。できればマスター側も交換したいけど・・・どうやるか、だな。


7/10

いい天気だが、残念ながら今日も出勤。起床時、右手に寒気を覚える。また調子が悪くなってきた・・・

カプのエンジンを始動し、好天を恨めしく思いつつもザーッと走って時間貸し駐車場へ。幸いなことに、かなり空いていた。

1km 弱ほど歩いて、会社へ。少し前は、ちょっと歩くだけで足が痛くなったりしたが、今はもうその問題は収まっていた。
ただ、右足がやっぱり全体的にへんなかんじ。突っ張ってるとかそういうのじゃないけど・・・なんとも言えない、嫌な感じ。

嫌な感じといえば、どぅーも右手がはれぼったい感じ。これはストレスが原因か、疲労が原因か。どっちも原因かな;

出社して、仕事をゴリゴリ。午前中は異様に調子が悪かったが、昼からは結構持ち直してきた。そのままの勢いで残業に突入
したかったのだが、今日残業すると残業時間がとんでもない数字に突入してしまうので、減らない仕事を残しつつ止む無く帰宅。

帰路、運動不足を解消すべく(?)電気屋などをブラブラと冷やかす。携帯電話のストラップを、パチンと噛むタイプに変更。
さらに、メインPCのケースを少しでも小さくすべく、あれこれ吟味する。だが、そこそこの値段で買える MicroATX ケースは
イマイチ小ささが足りないか、もしくは HDD がちゃんと空冷されない場所についているか。いかんせん、デキが悪い。

また、カプのほうも運動不足なので、Google マップでアタリをつけておいた某抜け道ルートを発掘する。表通りを完全に
迂回して山を越えられる、数少ない緊急避難用ルート。たしかに、そこには舗装路があった。あったんだけど・・・まさか、
舗装が陥没しまくってボッコボコに凹んでいる上空からの写真では予想もできなかった。舗装がまともなところを
選んでなんとか通過することはできたものの、よっぽどじゃないとこのルートは二度と使いたいとも思わないな(汗)


帰宅。サーバのファンを、先日メインPC から外した鎌に交換。ついでに、サーバのバックアップ用外付け HDD の中身を交換。
IBM DeskStar(250GB)→ SAMSUNG SpinPoint(160GB)へ。後者は、未使用のままずっと温存していたのだが、もはや 160GB など
中途半端すぎて出番がないレベルの HDD に成り下がってしまったので、このまま腐らすぐらいなら使ってしまえ、ということで。

X06HT の電池インジケータを見る。だいたい、一日使っても 40% ぐらい残るようになってきた。使い方がヌルくなってきた?

鎌に変えたサーバのファンだが、明らかにうるさくなった。回転数が 1000 → 1500rpm へと上がったせいか。やっぱ元に戻そう。


7/11

やっとこさ休日。天気は悪いが、体調は多少良い。選挙の投票に行ってから、その足でいつもの周回道路をぐるりとドライブ。
雨のためにリアがずりずり滑るので全開はしづらいが、そうなっちゃうぐらいにエンジンは元気。元気ってことはスバラシイ。

草津 P.A. に到着。クルマを降りてブラブラ歩いていると、元々は空き地だった場所に、こんな施設が作られていた。



場所が場所なだけに、自分では使わないとは思う・・・けど、これは、長距離を移動する人には便利なんじゃないだろうか?


帰路。赤信号で止まっているとき、そういえば周回路を走っているときに一回もビーコン割込表示が出なかったなぁ、と気づく。
機器情報を見てみると・・・お?光ビーコンユニットを認識していない。な、なんでー!?そういえば昨日、陥没路を走行中に
nav-u が台座ごと外れてコードが思いっきり引っ張られたりしたんだけど、その時に配線を痛めたりしたのだろうか?何度か
コネクターを抜き差ししてみたところ、幸いにも無事認識するようになった。マジックテープでの取り付け、止めないとな・・・


帰宅後、雨がようやく収まってきた。むう(涙)

自宅サーバのファンの音がやっぱり気になるほどウルサイので、別のものに交換することにした。POWER LOGIC の PL12S12M。
だいたい 1000rpm で回っている。定格は 1800rpm で24.6dB だそうだ。鎌は 1500rpm で 24.7dB。ってことは、やっぱりこいつの
ほうが、同じ回転数でも静かだ。やっぱ、1000rpm だと断然静かだなー・・・ってか、なんで 鎌は定格でしか回らなかったんだ?

サーバを落としたついでに、D510MO の新しいファームが 7/5 頃に出ていたので、パッチを当てておいた。


ところで、本日の外出において、家を出て少し走ったところで全く 3G を掴まなくなった。電源 OFF して 10分待っても電源が
切れないので、やむなく電池を抜いて対応。このところ、WiFi → 3G の自動切換えの失敗率が高い。自宅 AP との相性が悪い?

夜。少しだるさを感じる・・・体が重いし、蕁麻疹もあちこちに出ている・・・休日はちゃんと休みたい・・・ちゃんと・・・


7/14

・・・忙しい。とにかく。

それでも、睡眠を6時間弱はなんとかキープしているお陰で、完全にくたばるところまでは落ちていない。。。かな。
体調は低調気味だが、先行きを悲観するほどには悪くない。でも、弱ってるのは事実。首の関節が「グギー」と軋む。うへぇ。

X06HT で、WiFi → 3G へ自動切換えしない病が、やっぱりたまに発生する。どうも、WiFi 中に AP との間の通信が腐ったりすると
そのまま 3G 巻き込んで腐っちゃうような感じもする(意味不明)。ともかく、いったんこうなって 3G が接続できなくなると
再起動するしかないのだが、こういう時に限って正規のシャットダウンに 10分ぐらい普通にかかったりするので大変に困る。
明らかにバグなんだけど、いつごろ直してくれるんかなぁ・・・もしも SBM が対応してくれないとしても、きっと HTC は
自前で直してくるだろう。だから、HTC版 Froyo の ROM が正式に出て、そこでキッチリと修正されていることがわかったら
いっそ ROM を載せかえちゃってもいいかもしれない。まぁ、あんまりリスクのあることはしたくないんだけどね・・・

会社で、iPad を触って遊ぶ。Android にも用意されている Google Earth で地球をぐりぐり回してみたのだが、iPad 版は
圧倒的に動作が速いし、操作もすごく快適。特に、UI についてマルチタッチの特徴がすごく生かされている。例えば、
画面に対して垂直な方向を軸にして地球をぐるぐる回す時は、地球の上に2つ指を置いて、ぐりっと捻るように回せばいい。
Android もマルチタッチ対応しているはずだが、残念ながら同じ操作は不可能。たぶん特許の問題なんだろうけど、残念だな。


帰宅後、ふと思いつき、SB からもらった FON AP(FON 2405E)をブリッジで使ってみることにした。"COMPUTER" と書かれている
ほうの RJ45 ジャックにローカルの LAN ケーブルを接続し、電源ON。・・・お。ホントだ。噂に聞いたとおり、無線AP として
普通に機能しているデナイノ?別のマシンの NetStumbler から確認すると、外向けの FON_FREE_INTERNET は、電波レベルで
ちゃんと死んでいる。おおう・・・これは使える・・・早速、ローカル向けの設定を行う。細かい設定はできないけど、
SSID は変更できるし、暗号も AES とか普通に使える。性能はあんまり高くないようだけど、トクした気分になった。


7/15

相変わらずの X06HT。会社から出たところで 3G が死亡。機内モードに切り替えたりしまくっても、まったく復活しない。
諦めて、駅を出たところのスタバに近づいて WiFi を試す。だが、FON はつながらない・・・むぅ。そんなことをしつこく
やってるうち、ちょっと離れた場所に移動したところで FON を捕まえた。ほう!スタバって FON 置いてなかったっけ!?

まぁ、どこでもいいや。電波を探すのは面白い。そんなことをやって遊んでいるうち、3G 接続も復活。あれ?なんで?

わからん。X06HT の電波関係の動きは、よくわからん・・・。


7/16

X06HT が WiFi → 3G をちゃんと切り替えられなくなるビョーキだが、結局のところ、WiFi をもう一度掴みなおしてから
WiFi を OFF にしたら 3G 接続が復活する可能性が高いことを確認。だから、出先で改めて WiFi を掴める環境さえあれば、
実質的には問題なさそう・・・って、そんなに都合よく WiFi 環境があるはずもないわけで;使えるようで使えない解決策;

というわけで、根本的な対策(?)として、"WiFi buddy" を導入。これで、スリープ状態に入ったとき、自動的に WiFi を
OFF してくれるアプリ。これで変わるかな。会社から帰宅まで試してみたが、その範囲では非常に調子がいい感じ。うむ。


Latitude X1。Opera が 10.60 にバージョンアップした頃からか・・・サスペンドからの立ち上がりで、
全く待たされなくなった。よし!Latitude X1 が、ふたたび大変に使いやすくなってきた。あと 3年ぐらいは戦える。
というわけで、ごほうび(?)として、11n の USB 無線LAN アダプタ GW-USNano を購入。なの、だから買ったんじゃないよ?


7/17

まだ、梅雨は明けず。今日も雨。

カプのエンジンを始動。しかし、どうも咳き込み気味。なんというか、1気筒死んでる、みたいな感じに、バロロバロロと回る。
軽く吹かして様子を見ると、そのうちやっと安定して回るようになってきた。このとこの長雨で、電送系のドコかがシケったか。
・・・まったく、そんなに旧車でもないクセに、ヘンに旧車くさいヤツだぜ・・・というか、デスビキャップは変えてあるし、
プラグは大丈夫だし、プラグコードはシリコンのだからまだまだヘタってるとは思えないし・・・どこがおかしくなるの?(汗)

Latitude X1 に GW-USNano を刺して、数GB オーダーのデータをゴリゴリ転送。だが、どうも 11n らしい速度が出ない。いくら
無線LAN が基本的にスペック倒れであるとはいえ、遅すぎる。どうしたことよ?と思ってデバイスドライバーを調べてみたら、
何故か 11n じゃなくて 11b モードに落ちていた(汗)11n モードに切り替え、AP 側のチャンネル設定なども変更して再挑戦すると
・・・うおッ!速エェ!これは速エェ!11g だとモッサモッサ上がっていたファイル転送のプログレスバーがギュンギュン伸びる。
これはかなりの快適さが期待できそうだ。ただ、ntbackup はその恩恵を受ける度合いが低い。2.5GB/35分 → 20分弱になった程度。


7/18

暑い・・・夏だ。本格的な夏が来た。壮烈に暑い。こりゃタマラン・・・いい機会なので、車庫に佇むカプの屋根を開けて日干し。

再び、GW-USNano の通信速度が安定しなくなった。速度もまた遅くなった(11n モードのままなのに)。AP の 2405E 側の問題か?

eo光の転送量を確認。これまで 7GB/月 程度だった転送量が、先月から 27GB/月へと一気に跳ね上がっていた。何かやったっけ?と
考えたが、つまるところこれは自宅 Webサーバによるトラフィックだな。6月は10日分ぐらいしかなかったんだけど、それだけでも
20GB も転送してたのか!トップページがクソ重かったってことがよくわかる(汗)早速、ホームページを整理・更新する。


7/19

今日は海の日ということで、本来であれば休日のはずなんだけど、どうしてもやっつけないといけない仕事があったので
ずーっと持ち帰りで仕事。暑い部屋で PC作業をやってるとアタマが熱でやられそうになるので、クーラーをつけて作業。
だが、そのせいかどうか、なんとなくダルーい感じが出てきた。いわゆる、クーラー負け・・・というやつだろうか?

さておき、仕事もそうだが、夏コミの本がかなり危ない。このペース(平日夜は1時間程度作業できればいいほうで、土日は
大抵別件の作業が入って原稿作業ができない)だと、とてもじゃないが新刊などはできそうもない。何も出せないことだけは
避けねばならないので、奥の手(?)としておいたナンバーズ本総集編だけは作っておくことにした。書店委託もできるし。

ということで、これまでに発行した分を集めると・・・70p。意外と量あるなぁ。これならなんとか格好はつきそうだ。
あとは、表紙と、可能な限りの書き足しをくっつけて、なんとか一週間で・・・たぶん、なんとかなりそうだ。頑張れ俺!


7/20

・・・ぶっちゃけ、死んだ。もう、いろいろ失敗。でもまぁなんとか、仕事のほうの段落だけは付けることができた。
これで、少しは時間に余裕ができて、楽になるだろうか・・・でも、今更時間ができても、もう遅いんだけどな・・・。

溜まりに溜まったストレスと過労のせいで、またも目のゴミが増えてきた。あぶないので、そろそろペース落とさないと。

最近、X06HT の WiFi → 3G への自動切換えの失敗が非常に少なく、調子がいい。どうも、WiFi に繋がったまま sleep して
WiFi 電波の圏外に出て行くと、フラグの再設定をミスるのか自動切換えできなくなるぽい
。WiFi buddy を入れて
スリープした時点で WiFi を切るようにしてやれば、ほぼ問題なく動作するようになった(ように見える、いまのところ)。

そもそも、兄弟機の Nexus One だとそういう設定になっているようだ>sleep 時に WiFi を OFF する。なぜだか
X06HT(Desire)だと WiFi 設定にその項目がなく、15分後に切断とかいう項目になっている。不可解な変更。

梅雨が明けて猛暑がおとずれ、自宅サーバの筐体内温度がぐんぐん上がってきた。空冷をすこし強化したものの
結局、HDD の温度は 38℃に達している。40℃を越えるようであれば、空冷について再調整が必要かも。


7/21

ねもーい。だけど、ここが頑張りどころ。夏コミの本を作ってもらうため、印刷屋を予約。うまく行くだろうか。

昨日「調子いいwa!」なんて書いたばかりだけど、早速 WiFi の自動切換えを失敗。でも、リブートが素早く終わったから無問題。
あとは・・・elecom のシリコンジャケットから染み出してきたと思しき油が背面に付着。ブレーキクリーナーで拭き取る。なんだろう、
シリコンゴムの品質が低いのかな?値段を考えたらしょうがないかな、と思わなくもないけど・・・他は全て、完璧に動作中。

twitter。禿社長のアカウント @masason のつぶやきにより、X06HT の MMS と froyo への正式対応が発表された。だが、
それと期を同じくして、X06HT の販売終了のアナウンスが softbank 広報から発表される・・・いったい、何が正しいのだ?


7/24

昨日ぐらいから、夜間に軽い冷房を掛けながら眠るようにした。ちゃんと睡眠を取るのは、体力維持における最優先事項よ!
最近はまた仕事が忙しくなり、朝が早くて夜が遅く・・・ずっと5時間台の睡眠時間が続いてる。また体を壊さないようにしないとね。

てなわけで、今日も出勤。昨晩、右目の視界に謎の歪が見えたような気がしたので、念のため今日はクルマじゃなくて電車で行く。
・・・それにしても、暑い。暑いけど、まだ吹き抜ける風は心地よい。梅雨時の重く湿った風は、卒倒しそうになるもんな。

なんてことを思いながら仕事を済ませ、帰宅。夕方に雷と雨が暴れまわった街中の空気は、すっかり重く湿っていた。むうー。


帰宅すると、Amazon で注文しておいたモバイルバッテリー(PP-08)が届いていた。コンパクトな箱を開封すると・・・
ちっさい!すげーちっさい!しかも、すっげぇ軽い!これはウレシイ!これなら持ち歩いても邪魔にならない!



下から順に、PP-08、X06HT、そしていつものようにfigmaフェイトそん。

モバイルバッテリーにもいろいろあるが、なぜ eneloop などのメジャー製品ではなくコレを買ったかというと、数少ない
5V 1000mA 出力可能な外付けバッテリーだということが挙げられる。X06HT を急速充電するためには、この出力が必要。

なお、このバッテリーは、入力が MiniUSB Bタイプ端子で、出力が USB Aタイプ端子になっている。だから、充電用ということで
USB A ←→ MiniUSB B ケーブルは1本ついているのだが、これだけだと X06HT に接続することができない。なので、帰り道の
電気屋に立ち寄り、WILLCOM 用のリールタイプ USB A ←→ MiniUSB B(MiniUSB B ←→ microUSB 変換コネクタ付き)ケーブル
ってのを買っておいた。UAM-104 とかいう型番の奴。これなら、PP-08 の充電にも、X06HT にも使うことができる。汎用性高し。

・・・しかし、この PP-08。形を見れば見るほど、18650サイズで 2200mAh の Li-Ion バッテリーが2本入っているようにしか
見えないんだよな・・・潰した円筒形になっているところとか・・・だから、バッテリーが死んでも、交換で復活させられるかな?


X06HT 販売終了の話。結局、画面表示部を AMOLED → SLCD に変更しただけの X06HT2 が出ることになったようだ。これも全ては、
まともに部材を供給できない samsung (AMOLED供給元)が全て悪いのだよな。しかし、HTC との契約はどうなってたんだろ?


7/25

カプチーノのエンジン始動。まるまる一週間ほど放置していたんだけど、幸いなことに何の問題もなくスパッと始動した。
こないだは激しくグズったのに・・・やっぱり、湿度が高いと失火気味になるのかネ。点火系統の問題なのかね?でも、
デスビキャップは交換したばかりだし、プラグコードは永井のシリコンだから 10年程度でヘタるとも思えないし。。。
プラグもまだ2万km 使ってないから大丈夫だと思う・・・残るは、点火コイル?でも、失火気味なのは1気筒だけっぽい
雰囲気もあったしなぁ・・・まぁ、こういうときに真っ先に疑うべきはプラグだよな。そのうち点検しておこう。

というわけで、久々に激しくいい天気が訪れているので、カプの屋根を開けて車内を虫干しっていうか超換気。
なんというか・・・アレなんだ・・・黴臭いんじゃなくて、Noxudol 臭いっていうか・・・正直、やりすぎて失敗したorz


部屋で作業。時折、Web ブラウザがサーバに繋がらなくなる@X06HT。WiFi の切り替わりの問題じゃなくて、ブラウザが
そもそもまったくまじめに仕事をしていない(?)。再起動。そんなことを2回ほど繰り返す。なんだかちょっと不安定。

昨日気になった件を確認するべく、PP-08 を分解してみる。裏面のシールを剥がせば、隠しネジが2本出てくる。



内部構造は、完全に予想どおり。丸くなっている両端に、18650サイズのセルが1本ずつ入っている。その間に、充放電制御と
DC-DC コンバータの回路を刻んだ基板が1枚挟まっているという構造。基板を見れば、なにやら部品がいっぱい乗っていて
もっと他のことをやっているようにも見えたが、おそらくそれは気のせいだろう。電池2本は個別に充放電制御されている
わけではなく、男らしく2本がそのまま並列に接続されていた。Li-Ion 電池は並列運用も可能ということだそうなので
これで大丈夫なんだろう。ともあれこれで、PP-08 は(リスクはあるものの)電池交換は容易そうということはわかった。


7/26

カプチーノのバッテリーの電圧が、また低めになってきた。イグニッションキーを捻ると、気温が高いにもかかわらず
電圧計は 10.6V を表示している。いつもなら 10.8V のはずだ・・・そろそろ、寿命が近いということなんだろうか。
それとも、あまりにもカプチーノに乗らなすぎて、順調に(?)自己放電が進んでしまっているということなんだろうか?

いかんいかん。憶測で物事を判断するのイクナイ。早速、いろいろな状態でのバッテリー電圧を計測。電圧計をバッテリーに
接続。まずは、始動前(完全OFF時)で 12.2V。始動後はじわじわ上昇して 13.8V。充電電流は、アイドリング時で6A も
流れてない程度。ちょっと少ないかな?オルタ大丈夫かな?ここで、ヘッドライト全点灯+エアコンON+ブロワー全開+
ハザード+デフォッガON という全負荷状態でエンジンを軽く吹かしてみる。この状態でオルタの出力電流を確認すると
50A ほど流れ出しているようだ。バッテリーへの充電電流も流れているし・・・これならまぁ、大丈夫かなー。

というわけで、充電系は大丈夫っぽい気がする。問題はバッテリーのほうか・・・エンジンを吹かすと、端子電圧は
14.1V まで上昇。だが、回転が落ちてアイドリングに戻ると 13.8V ぐらいになる。ちょーっと低いんだよな・・・


NV-U75 の光電波ビーコンが認識しなかった問題だが、今のところはまったく再現せず。やっぱり、ポロリと外れたときに
たまたまコネクターの接触が悪くなったか何かで発生しただけの問題だったか。そんなことを考えながら NV-U75 の画面を
見ると、バッテリーアイコンの上に赤いマークが。なんだこれ・・・あ。どうやら、バッテリーの温度が上がりすぎて
充電ができない状態になっているらしい。って、さっきまでグローブボックスの中に入ってただけなんだけど・・・
直射日光に炙られてたわけでもなかったんだけど、それでもダメっていうことか。ふーむ、存外充電してくれないな。


Latitude X1 でバリバリ使用中 SSD(MCBQE32G8MPR-03A)のベンチマークを実施。1年前の数値と比べると、
速度の変化は誤差の範囲内でしかなかった。デフラグも TRIM も何にもやってないんだけど・・・やるなぁ、この SSD。


7/27

やっぱりエアコン負けしているのか、どうも体調が悪い。暑いんだけど、エアコン切って扇風機を回し、作業を続ける。
入稿は今週末だから、最後のひと頑張りダダダ!昼過ぎになって直射日光が入らなくなってきたら、扇風機でも頑張れる。

だが、人間は頑張れても、こっそり動画のエンコードをさせている ATOM の CPU 温度は 54℃、HDD は 43℃・・・


水分が足りない。目が乾くー。

モバイルバッテリー PP-08 だが、小さいなりをしてるのに意外とタフだ。残量 10% 台まで放電していた PSP-3000 と
ウォークマン(NW-E013)、さらに X06HT をフル充電にしてなお、残量は 50% 弱を維持している。まだもう一回ぐらい
X06HT を充電できる残量はあるかな?と思いつつ、77% ぐらいまで電池残量が減った X06HT をフル充電し、なおかつ
電池がほぼ空になっている NV-U75 を充電している途中で、ようやく完全に力尽きた。これだけ持てば上出来だ。


ちょっとカプいじり。運転席のフロアマットの裏側に粘着テープでマジックテープを貼り付け、マットのズレ防止。
10年以上前に買ったまま放置していた荷物室用マジックテープ(こんな感じのテープ)だが、まだ粘着剤は
カゼをひいてなかったようで、フロアマットの裏側をちゃんと脱脂しておけば、意外とカッチリとくっついてくれた。
ともかくこれで、時折フロアマットの位置のズレを直す面倒くさい仕事をしなくて済むようになった。さっさとやっとけ自分;


7/28

ねもい。ちょうねもい。左目の調子が恐ろしくおかしい。ピントがいまいち合ってくれない。入稿終わったらとにかく休もう・・・

というわけで、なんとか残り 2p まで追い込む。あともう少し・・・10%増額ペナルティを支払えば、なんとか間に合うか・・・
しかし、早く帰宅できた平日ですら、体調劣悪でほとんど作業にならないってのはなぁ・・・もうちょっと仕事が落ち着かないと・・・

とか思いつつ、リリマジ10に滑り込みで申し込み完了。さて、どうするか、どうなるか。


7/29

昨日までかなり風邪っぽい感じだったが、少しマシになってきた。クーラーのある生活に切り替えた瞬間に風邪っぽくなるなんて;

疲れが溜まってきて、口内炎多発中。いや、口内炎というか、口内の腫れというか。ちょっとヤバさを覚える。気をつけないと。
ついでに、右手の調子もほんのちょっぴりだけおかしい・・・肘の神経を痛め気味。まぁ、目の疲れと比べたらたいしたこたぁないが。


7/31

肩こりがひどく、右手の調子が少しだけ悪く、右足の調子がそれなりに悪い。なんだよ俺全身ボロボロじゃん。
あと、足の甲が痛かったりもするが、これも原因は不明。靴が合っていないせい・・・だけじゃないよな。とにかく不明。
そんなことよりも気になるのは、左目の中を浮遊するゴミ。透明だから網膜は大丈夫だと思うが、結構デカくて気になる;

仕事。休日出勤の連発も、これで最後のはず。もう、こんな無茶振りはこれを最後にしてほしいと思う・・・

昼休み。会社を出て少し離れたところの飯屋まで、飯を食いに出かける。途中、Softbank ショップがあったので、
横を通り過ぎる序でに WiFi の状況を見てみたら、弱いながらもちゃんと FON で繋がった。なんだかんだで、きっちり
WiFi アクセスポイントのサービスを開始しているようだ。まぁ、投資規模も小さいだろうしな。コツコツ頑張れ。

仕事が終わってから少し時間ができたので、部門サーバのメンテナンス。RAID1 を組んでいる HDD の片方の S.M.A.R.T 情報のうち
reallocated sector count が 9 まで増えていた。少しずつだけど、着実に増えている・・・D-DAY はいつになるのだろうか(汗)