▲ トップページへ戻る

Cappuccino 日記(2012/7)

▲前の月へ 次の月へ▼

指定日の日記へジャンプ → 1 2 3 4 6 7 8 13 14 18 20 22 24 25 26 27 28 29 30 31


※ 以後、日々の健康に関する定常的な記述については、小さいフォントで記述します


7/1

ちょこまかと、積み上がったゲスト原稿を仕上げていく。まだ自分の本に辿り着かない・・・orz
次からは、ゲスト原稿は慎重に考えてから受けるようにしよう・・・ホントは全部受けたいけど・・・


合間を見て、カプにガソリンを入れに行く。最近はもう月一回しか入れることがない。なんとも勿体無いしかわいそうな話だ orz
エアコンだが、回転がアイドリングに落ちるとヴェーという音が鳴る問題については再発したorz さすがに、そう直ぐには治らないか;
しょうがないので、エアコン用ISCV を2回転ほど緩めて回転を僅かに上げ、共振する周波数から外す。馴染むまで、しばらく我慢。

燃費だが、今回はひさびさに 12km/L を切った。短距離外出ばかりだったからだけど、それにしても夏が来たことを感じさせる。


余談ながら、往復の道中にて、車体を右に少しずらしてぴったりくっついてくる YRV が居た。今時 YRV なんて珍しい・・・とも
思ったが、あからさまな煽りポジションを取られて気分がいいわけもない。理由がよくわからんし、あまりにもうっとうしいから
適当なところで追い越させ、後ろをゆっくりついていく。ゆっくり走っていた YRV はやがて前の車に追いつき、私の時と同様に
右に少しずれながらぴったりくっついていた。対向車は一台も来ていないから追い越せばいいのに、追い越しそうな様子もない。
・・・ってことは、あれか。ただ単に、そういうクセのある走り方をする運転手か。いずれ、血気盛んな奴にボコられるぞ;


7/2

原稿もそうだが、それ以上に仕事のほうが超ヤバい。なんでコミケ前の原稿シーズンに限って超忙しくなるんだぁぁぁぁァァァクソッタレィ!
半泣きになりつつ、なんとかタケル氏の原稿は仕上げる。それにしても、ちっとも原稿をかく速度があがらない自分が情けない。


7/3

原稿作業中、ふと X06HT に BCM ICS HWA を入れよう!と思い立つ(※ 現実逃避)。とりあえず xda から zip を落としてきて
cwm からサクッと当ててみる・・・が、ブート後の設定画面みたいなところまで進んだようだが、そこで画面がちゃんと出ないまま
中途半端に停止。何をどう操作しても普通の画面に戻らないので、諦めて一旦強制リブート。だが、その後、recovery から USB で
adb 接続できなくなった(Qualcomm のデバイスがどうたらこうたら、と出る)上、SDカードまで認識しなくなってしまった・・・

壊れた!?と思って調べた結果、desire では有名な「USB Brick」と「SD card Brick」が起きたと結論。ほほう、これがそうか。


修復を開始。Vol+ ボタンと戻るボタンと電源ボタンを同時に押して fastboot に入り、PC から "fastboot oem enableqxdm 0"
と叩いて SD card Brick を修復。これでとりあえず restore はできるようになったので、一旦リカバリーして ROM を戻す。

引き続き、recovery から修復用 update.zip を焼いて USB Brick を修復・・・しようと思ったが、こちらはどうも上手く
いかない。色々調べなおしてみた結果、fastboot から "fastboot oem eraseconfig" と叩くことで USB brick を修復。
よかった!こんなに簡単に直せる方法を見つけておいてくれて本当にありがとう、世界中の desire ユーザー!


というわけで、復旧ができたので ICS を焼き直し。.zip を当てなおし、dalvik-cache のクリアと factory reset をしっかり
やってからリブート。Brick も起きず、ちゃんと処理が進む。USB も SDカードも認識・・・って、しまった、SIM 挿しっぱなしだった!

急いで電源を落として SIM を抜き、再起動。だが、何故かちゃんとブートしない。最初に失敗したときと同じ画面で止まる。
なんでかな・・・調べてみた結果、インストール後に factory reset をしたのがまずかったっぽい。ROM を焼いてから /data を
飛ばして起動すると、起動時のアクティベート(?)画面がちゃんと表示されなくてこうなっちゃうらしい。なるほど・・・。


色々とわかってきたので、少しずつ安定した環境を構築。さっき慌てて SIM を抜いたのは andglobal 問題があるかと思った
からだが、CM7.2 と同じように、最初っから andglobal が出ずに open.softbank.ne.jp が出る仕様だった。CM系列は安心かな。

そして、インストールでミスらなければ、BCM ICS HWA はかなり安定して動作するようだということがわかる。バグも少なそう。
それにしても desire め・・・2.1 → 2.2 → 2.3 → 4.0 まで行けるって、どんだけ寿命の長い端末なんやろな、これ・・・


環境が構築できたら、なんとなく Bluetooth キーボードを繋いでみる。・・・期待してなかったのだが、すごく普通に使える。
普通に使えるどころか、Ctrl+X とか Ctrl+V とかも使えてしまう。なんだこれ、完全に普通のエディターとして使えるじゃないか。
ICS になってやっと、Bluetooth まわりがまともな環境になった・・・!!!!!(感涙)Jota Text Editor を使えば Undo も
効くし。もう製品寿命なんかとっくに尽きているはずなのに、すごいや X06HT。これは無駄にもう一台欲しくなってくる(笑)


環境が一通りできたらバックアップを取り、fastboot に入って "fastboot oem rbchk" で NAND のバッドブロックをチェック。
19個ほど出てきた。最初がどうだったかわからないので一概には言い切れないが、やっぱりじわじわと壊れてきてるなぁ。
ここで調子に乗って "fastboot oem partition_test system" を掛けたらパーティションの内容が壊れたニャハハ;書き戻し。


7/4

ICS になった X06HT をちょいちょい弄る。やがて、開発者向けオプションの強制 HWA を OFF にし、ガバナを smartassv2 に
しておくのが一番レスポンスがいいことに気づく。ondemand のほうが速いとおもったんだけどなー。ちょっとびっくり。


7/6

自宅サーバの温度チェック。サーバ内部は 48℃、HDD は 35℃、UPS 内部は 48℃。UPS 内部の温度が気になる。電池入ってるし。

アニメ溜めすぎて、HDD の容量が残り 20% を切った。うおおw さっさと春アニメを消化しなきゃ・・・。
1話の冒頭だけざっと見て気に入ったアニメは、じっくり構えて見たいなーと思って貯めてしまうのでこうなる。
結果的に見ないぐらいであれば、せめてざっと BGV で流したほうが・・・ということで、原稿しながらダラダラと流す。


7/7

原稿の合間に、カプチーノのエアコンを空回しして確認。運転席だと ヴェー音は聞こえないが、ボンネット開けて耳を傾けていると
やっぱりバイブレーション音は少し聞こえてきて、気になる。特に、高圧配管側はあんまりそうでもないが、低圧配管側については
触ってみると、ビーッとした強い振動が伝わってきて結構気になる。ベーンコンプレッサーはこういうもの、なのかもしれないが・・・

エアコン周りのチェック。高圧側のバルブからも、若干のガス漏れ。圧力が上がり過ぎてるのか。否、バルブコア不良だろうな・・・
さすがはアメリカ製、ゴムの品質がダメすぎるぜ HAHAHA!また、高圧側ホースのコンプレッサーとの接続部分が、ぐっちょりと
オイル漏れ。
も、もしかして、圧力が上がりすぎてそのあたりの Oリングが耐え切れなかったのか・・・あくまで想像だけど。
まだ高圧側のホースは部品が出たはずだから、注文しておいてもいいかもしれない。と思いつつ、いったん清掃して様子見。

ボンネット開けたついでにバッテリーも点検したが、電圧が低かった。充電器を接続して、夜まで放置しておく。


X06HT。BCM ICS HWA はおおむね安定しているのだが、しばらく使っているとたまに妙に遅いときがあったりして、ちょっと気になる。
試しに別の ICS を入れてみるが、そっちは BCM ICS ほど安定していないし、バグも多め。ひっかかりを我慢して BCM ICS 使うか。

BCM ICS と言えば Youtube での動画再生が全然出来ない。再生を始めようとしたところでひっかかって止まる。アンインストール
して入れなおしたらとりあえず動くようになったが、それでもけっこう重い感じ。HWA がうまく実装されていないのかな、
という気もする。がんばれ、BCM の中の人。もう少しで、安定したすばらしい ICS の世界が desire にもたらされる。


7/8

・・・そうか。/data/local/ に bootanimation.zip が入っているから、factory reset するとブートアニメが飛ぶのか。理解。


7/13

つい先日 JB のソースコードが出たお陰で、xda 界隈は JB 一色。多少不安定でも、ICS の ROM はもう完全に放置プレイorz


さて、今日からちょっと時期のズレた夏休み。旅行に出かけるぜ・・・! と思ったけどそんなことはなかったぜ。全力で原稿orz

原稿作業に入る前に、毎度のエアコンチェック。気温がだいぶ高いが、アイドリングでもキンキンに冷えてちょっと怖いぐらい。
オイル漏れは再発なし。といっても、高圧側配管の付け根のあたりに僅かなオイル滲みが見えているので、たぶんクラックは
入り始めていることだろう。高圧ホース注文しとくかな・・・でも、わりと高いし、交換するならガス抜く必要あるし・・・
ついでにやるべき作業がいくつかあるので、もうちょっと様子みてからにしよう。一気に抜けるこたぁないハズ。


夕方まで原稿頑張ってから、がんばった自分へのごほうび(?)として、近所の映画館へ「なのはリマスター1st」を見に行く。
自由席扱いになっていたから混雑が心配だったが、TV版なのはを一切放映していなかった地域だけあって、客は4人だけだった。
・・・いや、そんな地域であっても、レイトショーという時間帯に4人も同志が居るということが驚異的であると思うべきか。

というわけでひさびさに見る 1st の世界にたっぷり浸かり、明日の 2nd 上映に向けての英気を全力全開で養う。


帰路。映画を見ていた時の私の視界と同じように、外は大雨。お陰で、路面が強烈にテカって走りにくいのなんの orz


7/14

目が覚めたら、X06HT が熱暴走(?)して落ちていた。ふむ?電池を抜いて復帰。とりあえず、クロック下げるか。
それぐらい蒸し暑い。実際、ノートPC のクロックも 450MHz まで下がって、上がらない。暑すぎる・・・たまらん・・・


そんな最悪状況下において、またもカプのエアコンチェック。レトロフィットしてから初めての夏を迎えるわけだが、相変わらず
非常に調子がいい。アイドリングで冷え過ぎなぐらい。低圧ホースのゴム部分までしっとりと湿る(!)ぐらいに冷えている。
それでいて、エアコンON 時の負荷もほとんど感じない。今は少し高めに入れている(ベーン音対策のため)状態ではあるが、
ガスを抜いて圧を下げるとせっかくほぼ消えたベーン音がまた出てきそうなので、しばらくは圧力を下げずに様子を見よう。

というわけで、マニフォールドを繋いで圧力チェック。停止時で 7.7/7.7、アイドリングだと 2.8/13.0、3000rpm 回して
1.5/16.5(単位は全て kg/cm2、数字は低圧側/高圧側を示す)。気温は 30℃を余裕で超えているので、丁度いいぐらいかな。
ベーン音はまだ聞こえてくる時があるが、打てる手は打ったので、しばらく様子見。あとは・・・マニホールド付属の低圧/高圧
カプラーの嵌りがいまいち悪かったので、分解して内部の摺動部をシリコングリスでグリスアップ。ついでに、ネジの締め付け量を
調整して、カチッとハマるようにする。なんというか・・・さすが安物というべきか。どうも、製造誤差が大きいような感じ。

再調整しても、高圧側のカプラーがいまいちなめらかに動かないのが残念だな。微妙なクリアランスの問題っぽいけど・・・。


夜。レイトショーで予約していた「劇場版なのは A's 2nd」を見に行く。物販で欲しいものがあったので、開場1時間前に到着。
到着した時点ではフロアに殆ど人もおらず、物販コーナーも一人でぐるぐるとゆっくり見て回れる程度の状態であった。ああ、
やっぱりこのあたりだと、そんなにファンは来ないのかねぇ。と思いつつも、のろいうさぎ以外で欲しかったものを全て調達し
(のろいうさぎはやっぱり売り切れていたorz)、一旦駐車場に戻って購入したものをトランクに放り込み、トイレに立ち寄って
30分前ほどにフロアに戻ってみたら、そこはどうみても同類にしか見えないをたく男子どもで溢れかえっていた。をたく男子で。

(をたく女子はいないのか・・・!)

まぁ、レイトショーだからな。そう思いつつ、開場とともに入り、まったりと映画を見る。となりの席に座ったおっさんが
ビールを呑んでポップコーンをボリボリ食いながら映画を見ていたりして、その音と匂いに乗ってやってくる無神経さ
ちょっとイラッとさせられたりはしたが、映画の内容が素晴らしすぎて、やがて全くそんなことは気にならなくなる。
2時間半ほどもある長い作品であったが、終わってみればあっという間だった。すばらしい、すばらしい・・・!

エンドロールが終わって、劇場が明るくなる。隣のおっさんは握りこぶしを前に付き出したかと思うと、小さく親指を立て
小声で「グッ!」と満足そうに呟き、片隅の出入口に消えていく。その瞬間、おっさんのことを全て赦せる気持ちになった。


余韻にひたりながら、夜の闇を突っ切って帰宅。白芝突っ込んでる VC720PB は相変わらずフル稼働だが、やはり毒電波の放射が
凄まじく、nav-u の GPS は四六時中狂いっぱなし。あんだけ対策したんだけど・・・やっぱり使えないかなぁ・・・>VC720PB

買ったはいいけど使い道がなくて余ってしまった黒芝をノートPCに挿し、バックアップ用に使ってみる。だが、無線LAN 経由で
NAS に吐き出したほうが5倍ぐらい早く終わる。笑ってしまった。HD ビデオカメラの記録媒体ぐらいしにか使えないな;>黒芝


7/18

熱い・・・熱いが、ひたすら原稿を頑張って、少しだけ進んだ。というわけで、今日は自分へのご褒美(?)として、朝一番から
なのは2nd を観に行く。テンション上げて行くぜ! というわけで、9:45 枠のを見に行くために 9:00 に家を出る。45分あれば
さすがに楽勝っしょ、と思ったが、道路がやけに混んでいてちょっと時間がかかり、到着したのは5分前(汗)すぐ近いのに;

到着。グッズ類は、だいたい売り切れな感じであった。むむぅ orz

もう指定席は取れず、自由席しかなかった。だが、さすがに平日朝一番だと見に来る人も少なく、余裕でいい席を確保。鑑賞。
前回は、予約した席の位置が前過ぎて首が痛かった。反省を生かし、今回は2列ほど後ろ(D→F)へ。首にやさしい感じで見れた。
心の汗をだらだら流しながら鑑賞を終えたら、すぐに帰宅。そしてすぐに原稿。全力で原稿。すごくヤバイので本当に全力全開で。


18時から、会社の行事に参加するために市内へ。三条京阪のタイムズにクルマを止め、四条まで歩く。ついでにメロンブックスに
立ち寄ったりもしたが、けいおん!劇場版DVD は手に入らず。三条JEUGIA(聖地)にも行ってみるが、限定版しかなかった。ううう。

帰宅後、原稿をやる気力もわかず、眠りにつく・・・まずい;


7/20

必死に原稿を進める。なんだかだんだんとペースが上がってきた。ウフフ…!


少し調子が上がってきたので、夜からなのは2nd を観に行く。3回め。もう、勝手知ったる近所の劇場。一緒に映画を観に行く
ことになったタケル氏が運転するタケル号に同乗させて頂き、揺られること 20分ぐらいで到着。近いなぁ。物販のほうはもう
かなり品切れ気味であり、なおかつ明日から上映の始まる「おおかみこども」によって場所が食われていた orz しょうがない;

じっくりと鑑賞。3回めともなると、段々細かいところまで落ち着いて見られるようになる。何回見てもアリシアのシーンで泣く。


帰路。近くにあった天一で夕飯をおごってもらってから帰宅。そして今日もまた頑張って原稿やろう・・・と思ったがあえなく寝落ち。


7/22

というわけで、なのは同人誌作りとなのは映画鑑賞だけで埋まった夏休みも、今日で終わり。

明日からまた仕事での過酷な日々が再開するわけで、そうなるともう同人誌なんて書いてる時間は全く取れなくなるわけだが
なんとか本日までに、本文全てのペン入れを完了。まだ完成には遠いが、ある程度目処がついてきて、まずは一安心といった感じ。
少しだけ頭を休めて冷静になり、これで「使える」かどうかしばらく試してみて、不足していそうならページ追加をすることに。


7/24

IDEOS。SD カードに割り当てている 64MB の swap をあっけなく使い切るので、swap を 256MB に増やす。UNIX のセオリーでは
物理メモリーの2倍の容量を swap に充てる、というのがあるが、敢えて等倍にしてみる。この状態で再起動し使ってみると、
あっという間に swap の消費が増え、50MB ぐらいになる。256MB はさすがに多すぎたか・・・と思いつつ、消費の速さに呆然w

薄い本。賢者モードで冷静に再検討した結果、どうしてもページを2枚ほど足すべき、と判断。追加ページの下書きをやりつつ、
線まで描いてた表紙絵を塗って仕上げていく。ひとさまの素晴らしい表紙絵を見てしまったせいか、少し気に入らない。ぐぬぬ・・・!


7/25

原稿の仕上げがなかなか捗らぬ。捗らぬ・・・ぐぬぬぅ・・・ZZzz(←仕事が忙しすぎて帰宅即寝)


7/26

某 Android 端末の診断メニューから出せるバンド設定をいじっているうち、いきなりバンド設定が変更できなくなる問題が発生(汗)
メニューが表示されないという問題。更にいじってみた結果、機内モード or 無線をOFF にすればメニューは出ることがわかった。
ただし、この状態だとバンドを変更してもエラーで失敗する。なので、メニューを出した状態でステータスバーから [設定] を選んで
無線を ON にし、戻るボタンでメニュー画面へ戻ってから変更する・・・という方法で問題をなんとか回避する。びっくりしたー。


深夜に帰宅後、MRC のトプ絵を取り急ぎ書いて更新。群馬ってアニメの聖地すぎるよね・・・いいところだ。行ってみたかった (T_T)

そんな感じでお絵かき作業をして、ボロボロに疲れて眠る前の深夜 2時ぐらい。いきなり、何も操作していなかった PC の画面が
ブラックアウト。
あれ?珍しいな・・・と思って再起動をかけるが、起動して1分もしないうちに画面が崩れてフリーズ。


うっ、故障・・・?まさか、もう少しで夏コミ本の原稿が上がるという、このタイミングで・・・?


もう一度再起動して BIOS を起動し、各部の温度を見る。CPU が 74℃。ちょっと高すぎる・・・のかな・・・PC の換気口を見ると
ホコリが詰まっているようにも見えたので。掃除機で掃除して様子を見る。だが、CPU 温度は全く下がらない。もう2時をまわって
さっさと寝るべき時間
だけど、とりあえず対策の目処は付けとかなきゃ、明日からの作業に差し障る・・・PC をばらして、
空冷ファンをわりとうるさいけど風量のある奴に交換。これで、CPU が 70℃ぐらいでとりあえず安定するようになった。

だが、安定度を確認するために何度か再起動しているうち、POST でピーピーというエラーが発生。メモリーか・・・ orz
この PC 用に追加メモリーを 4GB(2+2)買ってきたとき、1+1+2+2 の6G 構成だとなぜかめちゃくちゃ不安定になった記憶がある。
なので、2GB(1+1)分のメモリーを抜いて CMOS をリセットし、再起動。すると、POST は抜けて BIOS は上がるようになった。
だが、なぜか今度は Windows が起動しなくなった。起動画面の途中で、一瞬だけ青画面が出たかと思うと、リブート・・・


だめだ。これは、すごくヤバイ(汗)


ここで PC が壊れてしまうと、マジで夏コミの本が落ちる。急いで、単体での自己修復機能を試す。だが、自己修復では直らない。
しょうがないので、Win7 の DVD を引っ張りだしてきて DVD ブートし、そこから修復。だが、何度やっても修復できない。症状は同じ。

この症状は、そういえば以前に見たことがある。ブート HDD の MBR の署名(?)と OS に記録された署名(?)が不一致だと、こうなる。
もしかして・・・と思って Windows98 の FD でブートし、fdisk /mbr で MBR を修復。すると、さっきまではかろうじて途中まで起動してた
HDD 上の Windows が、今度は最初っからまったく起動もせず、修復DVD 使え、と出るようになった。ふむ・・・状況が変わった?

もう一度、DVD から修復。これで、なんとかようやく OS が起動するようになった。ああ、よかった・・・!!!だが、修復の過程で
何処かのタイミングまで各種ファイルが巻き戻され、設定が飛んだようだ。タブレットの設定が全部飛んでいたので、とりあえず
ちょいちょいと設定を変更(あまりカスタマイズしてない状態でよかった・・・)。設定はそれぐらいだったのだが、大きな問題は
ネットワークで発生。なぜか、サーバ上のファイルを見ようとしても「システムエラー53」が出る。どういうこと?何が起きてるの?


修復まではもう少し時間がかかりそうだったが、もう 3時過ぎ。明日の仕事で死んでしまうので、諦めて眠る。


7/27

深夜まで仕事を行い、帰宅。色々調べてみた結果、TCP/IP NetBIOS Helper サービスが壊れていることが判明。復旧ミスった?
どうしたら直せるのか全然わからない。とりあえず sfc /scannow なんかやってみたりするが、何回やってもエラーが出て直らない。
これもまた散々調べてみた結果、まったく心当たりがないものの、c:\windows\system32\lmhsvc.dll が破損していることが判明(汗)

なんでこのファイルが壊れるかね・・・! Windows7 DVD の install.wim ファイルを 7zip で開いて、2\ ディレクトリから
lmhsvc.dll を解凍。その後、takeown /f c:\windows\system32\lmhsvc.dll で所有権を取得して権限を変更し、上書きして完全復旧!


他にも幾つかのファイルが同じようにぶっ壊れていたので、同じように直す。ただ、chtbrkr.dll と lmhsvc.dll だけについては
何度 sfc /scannow をかけてもエラーは消えなかった(動作はするけど winsxs の中のファイルとの整合が取れなくてエラーが消えない)。
興味はあったが、とりあえず PC は再び起動するようになったのだし、また壊してしまったらコトなので、今のところ深追いはやめておく。


原稿作業最優先のため、全然乗ってやれないカプチーノ。たまにはチェック。真昼のクソ熱い時間帯にエンジンをかけて、エアコン ON。
・・・あんまり冷えない。しょうがないけどw あと、バッテリーの電圧がだいぶ下がっていることに気づく。キー ON 時で 10.5V、
ポンプが止まると 10.8V。なんだかなー・・・。0.5V ぐらいは確実に低い。暑さで自己放電が多いのかな?補充充電しとくかな。


7/28

夏真っ盛り。容赦なく冷房を稼動して部屋に篭り、原稿作業。熱くて外に出られない。夜にニュースを見たら、京都は 37.5℃だったorz


sfc /scannow が整合を取れずに終わっていた問題だが、winsxs の中に実体ファイルを強制的にコピーする、という荒療治を行うことで
警告を消すことに成功。Win7 SP1 に入っていた古い lmhsvc.dll が手に入らないので不完全ではあるが、とりあえずこれで一旦修復完了。

ついでに、自宅 PC のウィルススキャンソフトをすべて、Microsoft Security Essentials に変更。無料で MS が撒いているソフトだが
正直、P2P でもやらない限りはまず危険なウィルスやマルウェアを拾うことがないため。長年の経験と勘に基づく事前選別効果も大きいが。


IDEOS。CM7.2 の 20120722nightly を当てる。ようやく、カメラで動画撮影ができるようになった。カメラの不具合は直ったな。よし!

X06HT。今のところ BCM ICS で常用中。長いこと使っていると、やっぱり時折強いプチフリが出たりしてして、最新OS が動きこそするが
性能の限界は感じる。また、クロックを 1190MHz にしていたが、長時間 Raziko を使っていると固まる事案が発生。1113MHz が上限かな。


というわけで、さすがに次期主力携帯がどうしても欲しくなってきた。Web をうろうろしてリサーチするが、どうも、どれも寸法が
大き過ぎて魂を揺さぶられない・・・と思っていたらたまたま見つけてしまったのが htc One V。サイズはほぼ X06HT のまま、欠点の
AMOLED が液晶になり、タッチパネルのマルチタッチ不具合が直され、そしてカメラが強力になっているという、ほぼ理想的な端末。
しかも値段が安い。expansys だと2万円台。誘惑に負け、expansys でふらっと買ってしまう。海外通販ということで、本来ならば
いろいろと面倒くさいはずであるが、昨年末にオシロを買うときに作った Paypal のアカウントを使ってみれば、わずか3回くらいの
クリックだけで購買処理が完了してしまった。マ、マジかよ・・・; 国内通販よりずっと簡単に買えちゃうじゃねぇか。


7/29

原稿!原稿!ゴリゴリ原稿!ひたすらに手を動かし続け、ようやく追加ページ分、および表紙と裏表紙の線画がとりあえずできた感じ。
デザイン的なところが相変わらずのショボチンであるが・・・くそう、センスが欲しい!そして、ゆっくり取り組める時間も欲しいorz

というわけで、布団に入るが・・・眠れない・・・なんでか眠れない・・・朝5時になってようやく眠る・・・運動してないからだな・・・orz


7/30

眠れなくて頭がフラフラだが、一生懸命体を動かして仕事。なんで SE なのに体を動かすかというと、2つの部屋に開発場所が分散して
いるため。電話で連絡してもいいんだけど、やっぱり顔を見せないとコミュニケーションはうまくいかないしね。俺は歩きまわるぜぇ!

というわけで少し仕事が早く片付いたので、平生より2時間も早く帰宅。早速、表紙の触手の塗りをはじめる。なんとなくしっくり
行かない部分もあるが、まずは最低基準を満たしてる感じのところまで到達しないといけない。8/5 の締め切りに向け、作業を頑張る。
ああ、しかし、毎日これぐらいの時間に帰れたら、平日だって原稿作業がちゃんとできるのになぁ・・・今年は忙しすぎる・・・


7/31

cm7.2-nightly を入れている IDEOS が、わりと快適。サクサクとはいかないが、だいたい不自由なく使える感じ。
何よりも素晴らしいのは、IIJmio の速度が全然落ちないこと。まったく不満がない。ping 193ms、DL 159kbps、UL 139kbps。
それにしてもあれか、FOMAプラスを拾う SIMフリー端末って結局 iPhoneと BBと XperiaとGalaxyとコレしかないのか?未だに

Fedex で運ばれている One V をトラッキング。昨日香港を出発した荷物は、もうあっさり京都まで届いてた。速い・・・!
必ず日をまたぐ国内運送と変わらん。同じアジアだとはいえ、どんだけ速いんだ・・・。距離感がどんどん縮んでいく。