▲ トップページへ戻る

Cappuccino 日記(2015/5)

▲前の月へ 次の月へ▼

指定日の日記へジャンプ → 1 2 3 4 5 6 7 9 10 11 14 16 17 27 28 30 31

5/1

さて、明日は COMIC1☆9。東京ビッグサイトまで遠征だ。

イベントは明日なので、移動は本日。GW の中日の平日ということで、これまでの経験上だと拍子抜けなぐらい渋滞は無いことが
予想されるし、JARTIC ページの渋滞予測で各所通過予定時刻において渋滞が無さそうなことも確認済。というわけで、ゆっくりと
荷造りを済ませ、カプを腹一杯に給油してから 14時半に京都離脱。事前調査通り、高速道路はほぼ渋滞なし。燃費優先の速度で
ゆっくりと東へ向かう。東名阪の亀山合流付近で渋滞に遭遇するものの、さすがにここはノー渋滞とは行かないところであるし
そもそも停滞ではなくゆっくり流れるペースなので、問題なし。四日市付近で再びペースを回復したら、そのまま新城 P.A. まで
一気に走り抜ける。今日は変な動きをする車がぜんぜん居なくて、快走感も高い。とても楽しいドライブになりそうだ。

新城 P.A. でトイレ休憩ついでに portal を hack したら、ふたたび本線へ戻って東へ東へ。ほどなく現れる三ヶ日 J.C.T で
新東名へと入り、ますます快適なクルージングへ。そして、快適であればあるほど眠気も高まってゆく(汗)清水 S.A. あたりまで
進んだところで眠気がそこそこ高まり、かつ時間もかなり余裕があることが見えてきたので、ふたたび休憩。車外に充満するのは
凄まじいまでの青臭さ。初夏特有の、新芽の香りという奴か。雨の訪れの匂いにも似ているが、それが理由ではないようだ。

再び出発。掛川 I.C. にオービスが新設されたことを確認しつつゆっくりと通過。時間に余裕があるのはいいことだ。やがて、
駿河湾沼津 S.A. に到着。ここで、休憩ついでにロービームの光軸調整。ちょっと低すぎて、ハイビーム併用が必須だったため。
調整ネジ 1/3回転を4回ぐらい繰り返したところ、今度は光軸が上がりすぎたようで、見えすぎて困る; 目的地到着後に直そう;


結局、そんな感じでゆっくりとクルーズし、19時過ぎには本日の宿泊地となる足柄 S.A. に到着。駐車場の奥のほうの野宿に適した
場所を確保したら、車中泊装備を展開。夕飯を食ったのち、明日の宿を探す。明日は八王子付近で一泊するつもりだったので、
そのあたりをじゃらんで探すが、安宿は見つからない。駐車料金別で \6k ぐらいが相場(GW ど真ん中っていうこともあるか)。
結局、時間貸駐車場がそこそこ近くにあるホテルに決めて予約を取ったらもう 21時過ぎ。おおう; 急いで足柄 S.A. の風呂に
入り、体を温めて疲れを癒やしたのち、さっさとカプのところに戻って眠りに就く。明日はそこそこ早い。がんばるぞい。。。


5/2

大型トラックから離れていて、かつ他の一般車両があまり近くを通らないような場所を選んで泊地を確保したものの、わざわざ
大声出しながら脇を歩いて行く彼氏彼女連れがいたりして 4回ほど目を覚めさせられたり。それでも最大限に睡眠は確保できた。
わりと快適な目覚め。換気不足による結露と、ショボくて硬くてつらい枕と、ぼろくて音漏れが結構大きい耳栓が不快点。要改善。
5時半に完全起床してホテルカプチーノを店じまいしたら、S.A. の施設で朝飯。気持ちもスッキリしたところで、6時半に出発。

まだ早朝ということで、東名はしばらく良い流れ。だが、さすがは GW 中というべきか、東京料金所の直前から停滞が始まる。
結局、料金所後の合流から用賀を抜けるまで停滞。なんとかノロノロ走って抜けだしたあと、そこから大橋J.C.T までは軽い渋滞。
この部分の移動時間は計算に入っていなかったため、予定より 20分遅れて到着。ガレージの混雑状態については、先着していた
シグナスさんから事前に情報を貰えていたこともあり、気分的には余裕があったが、実際のところ現地を見れば本当に余裕綽々。



何ならば 9時着でもいけそうだな。そう思いつつシグナスさんと合流し、チケットをお渡しして一緒に入場。コミケと異なり、
落ち着いた感じがある。COMIC1 に限らず、他のイベントでビッグサイトに来た時にいつも感じることだ。やはり、コミケは
同人イベントとして規模が圧倒的に違いすぎるということなんだろうな。また今年も、コミケに行きたいな。祭りだしな。




設営を終え、イベント開始。人の数も多くて雰囲気はとても良い。だが、今回は売り子がいないので、どこにも動けない。クゥー。


時は過ぎて15時半、イベント終了。本日はちゃんと布団に入って眠りたいので、昨日に八王子に宿を確保した。早速移動を
開始するわけだが、夜まではまだまだ時間があるので、高速道路でバキューン と移動してしまうのもなんだか勿体無い雰囲気。
同方向に移動するシグナスさんや有馬さんと相談の上、下道で有明から八王子まで走って行くことにした。なにしろ、こんな
機会でもなければ、都下の道路を延々と移動するなんてチャンスはそうそう訪れない。ワクワクしつつ、後ろを追走。

ルーティングの基本は、多摩川沿いを遡上。まずはビッグサイトを出て海沿いのルートを走り、処分場へと抜け、そこから
羽田空港のある島へと出る。トンネルを抜けたところですぐ側道に入り、東京タクシーセンター脇を通って国内線ターミナル
周回路へ。それをほぼ一周したあたりで環八への分岐案内が出てくるので、そちらに向かって周回路を抜け、国際線ターミナル
脇を通って多摩川沿いの環八へ。少し走ったところにすぐに左に折れて川沿いをトレースし、弁天橋を抜けて市街地へと入る。

そこからしばらくはどこを走っていたのか定かではないのだが(おそらく、羽田二丁目の交差点から産業道路を南下し、
すぐに大師橋北詰で側道に入って1本多摩川に近い道路へ右折で入ったのち、西へと走り続けたのだと思う)気づいた頃には
道路を突き当たりで道なりに右に折れ、黄色い夕日に照らされた美しい多摩川の河川敷を見下ろす、土手上の道路へと出る。

おおお・・・!美しい・・・!(※ 走行中のため写真なし)

アニメか何かで見たような美しい景色に年甲斐もなく感動しつつ、道路を道なりに進む。まもなく都道111号線の橋で
多摩川の南岸へと渡る。こちらは土手よりも下になるため雄大な風景はあまり楽しめないものの、それまでとはまた
違った、「東京の河川脇の市街地」の風情が楽しめる。なにもかもを新鮮に楽しみつつ、東急田園都市線のガードを
くぐり、東名の下を通過。このあたりから、いよいよ快走路としての多摩川沿いは終了。夕方の渋滞に巻き込まれる。

登戸駅の脇を抜け、登戸駅北側交差点を左折して駅前商店街っぽいところに突入。あ、いい感じの駅前感だなここ。
道路好きは、いかなる状況でも道路を楽しむことを忘れない。だが、府中街道に出る手前から、渋滞はますます
ひどくなり、全然動かなくなり始める。こういうのは、渋滞ではなく停滞というべきか。燃料計の針が Eを切り、
そろそろガス欠が気にかかる状況になってきたため、次の GS あたりで給油のためすこし休憩させてもらうことに。
だが運の悪いことに、こういう時に限って大渋滞は続く。とりあえず府中街道には出たものの、渋滞はみっちり続き、
小田急を越える高架の手前でぴったり止まってしまう。平地続きだったら最悪押していく(!)手が使えるけど、
さすがに坂は登れない。やむなく、エアコンを切ったりして燃費を抑えこむ。幸いなことに、ちょうどこのあたりで
それまでカチカチの暑さを我々にもたらしていた太陽が奥多摩の山々の向こう側に沈んでくれたので、灼熱地獄からは
開放された。不幸な状態ではあるが、天は我に味方してくれたのであった。屋根も取り外し、全開でクーリング。

牛歩よりもさらに遅いレベルでじわじわ進む渋滞の中で、ゆっくりと先へ進む。やがて、渋滞の原因が明らかに
なってきた。陸橋を下ったあたりの多摩警察署前の道路に、数台の警察車両が止まっている。事故だ・・・orz


事故は起きてからさほど時間が経ってなかったようで、車列が全然進まなかったのはそれが理由だった。かなりの
時間が経過したのち、事故処理が終わったようでようやく流れが回復。少し進んだところの ENEOS で、急ぎ給油。
燃料計の針は Eのちょい下気味ぐらいだったが、ガソリンは 25.1L呑み込まれた程度。まだまだ余裕だったな・・・;

そこから先は、快走路。聖蹟桜ヶ丘付近の丘陵地をサクッと抜け、日野を通過して八王子の市街地へ。それから
少しウロウロしたのち、宿には 20時過ぎに到着。えーっと・・・4時間ぐらいかかってるのか(汗)まぁいいや!
楽しかったし!
 その後は、八王子近郊在住の知人たちとともに呑みにいき、いつものように記憶を失って・・・


5/3

・・・気がついたら、ホテルのベッドの上で、服も脱がない状態のまま、まさに「大の字」になって寝ていたorz

いまいちピントの合わない視野の中に映る時計を見ると 8時21分。おっ・・・おおう・・・起きなければ・・・。
しかし、どれだけ飲んだのかさっぱり覚えていないが、昨日の酒が残っているかのように気持ち悪い。あげくに、
起床後しばらく目の左右像が合わないしフラフラするしで、とても危ない雰囲気。幸い、10分ぐらいで視界は安定
したものの、ここまで酒のダメージが残るようになってしまったなぁとショックを覚える。もう、飲みは控えよう;

フラフラしつつも着替えと荷造りを済ませ、とりあえずチェックアウト。吐き気と気持ち悪さと戦いながらも
よろよろ歩いて駅前駐車場まで移動し、しばらく休憩。視界はもう安定してるし、とりあえず水をガボガボ飲んで
気持ち悪さもかなり回復。十分に余裕を見てから駐車場の中をうろうろ歩き、残留アルコールがないことを確認。
胃が相当荒れたのか、吐き気は引き続く。だが、それぐらい。運転は問題なく可能。とりあえず八王子を出発し、南下。

認識判断反応能力が低下している可能性を踏まえて、市街地では特に用心深く運転。幸いにも、今日は日曜日であり
しかも早朝という条件のおかげか、交通量は少なく、とても走りやすい。窓をあけて、新鮮な空気を絶え間なく補充。
そういった努力(?)が功を奏したのか、絶え間なく続く猛烈な胃の気持ち悪さも次第に和らぎ、平常運転に戻った。


というわけで、スタートで少しつまづいたものの、帰京 兼 観光の旅は始まりを告げたのであった。

最初のルーティングは、特に奇を衒わず、ナビの指示通りにオーソドックスな道を走る。駅前から R16 に入り、道なりに
東京工科大の横を抜けて八王子バイパスと交差。やがてバイパスと R16は合流するが、その少し手前の交差点から合流。
後で気づいたが、この先の交差点を R413方面に曲がれば道志みちルートで静岡に抜けられたようだった。だがしかし
その時点の私にそのような元気などあるはずもなく、ただただナビの指示通り、道路を南下し続けたのだった。

R16 は町田方面に曲がっていくが、そちらに進むと東に戻ってしまうので、R129 に入って厚木方面へ。しばらく走ると
R246 が高架で頭上を通過していくので、それをやり過ごして川を越え、厚木市役所前を通過してから R129 に合流する
(R129 と R246 が重複区間のため)。その後、すこし下ると R129と R246 の分岐が現れるので、側道側の R246へ。

R246 もこのあたりまで来ると、さすがに首都圏を離れて少しさびれた感じが現れ始める。伊勢原を通過して東名の高架と
交差するあたりに立っていた鶴巻温泉の看板など、まさに昭和な雰囲気が残っていてなかなか味わい深いものがある。
これで、R246 のひどい渋滞さえなければとても楽しいドライブなんだけどな・・・(汗)延々と続く渋滞に辟易しつつも、
ともかく軽い丘陵を越えて関東平野に別れを告げ、秦野。もう少しで第一の目的地だ、がんばれがんばれ。

道路沿いの風景が風光明媚になり出し、そろそろ観光気分が入ってきたねぇと思い始めたころ、東名高速の高架が
現れ、路面が二色に塗り分けられ出す。ええと・・・松田のほうだから、左車線か。そのまま直進し、突き当りを右折。
新松田駅の交差点を曲がって県道78号まで抜けたら、あとはしばらく道なり。やがて県道78号はじわじわと高度を上げ、
目的の神社へとつながる分岐・・・ってどこにあるの(汗) 最初はうっかり見逃して通りすぎてしまったが、引き返して
改めてよく見てみると・・・あった(汗)なんだか、ものすごく狭いし、えらい傾斜きつい道なんですが・・・(汗)

だが、ナビの地図を信じるかぎり、この、一車線幅の山道で間違いない。とりあえず先へと進んでみる。かなりの傾斜が
次々と迫ってくるが、そんなことよりも完全離合不能な道幅がずっと続いていることのほうがずっとエキサイティング。
正直不安になり、運良く近くを歩いていた現地のおっちゃんに「車で行けませんよね?・・・これ」って聞いてみると、
行けるよ、とのこと。マジか!その言葉を信じ、そのまま進む。途中、運の悪いことに対向車に出くわしてしまうが、
先方も慣れたもので、ぎりぎり離合可能な場所へと素早く退却してくれた。感謝感謝。山道民は、こうでなくては。

その後も続く離合不能な1車線をしばらく進むと、やがて鳥居が現れ、道路は脇を抜け自然に神域へ刺さって終わる。
人の気配のしない境内の端の方にクルマを止めたのち、静かに参拝。ああ・・・ここが重巡足柄の艦内神社、分霊元。



想像以上に山の中過ぎてちょっと驚く。そういう場所なので、当然のように社務所などは存在しない。残念ながら、
妙高姉さんの実家(関山神社)みたいに、お守りの無人販売もしていない。惜しい・・・あれば買って帰ったのに。。。

全体をじっくりと見て回り、一休み。時計を見れば、だいたい 11時。朝方はあれほどひどかった体調も、すっかり回復。
この先どうするかな、と考えていろいろルート検索。この足で大井神社へと向かおう、と結論する。もちろん下道で。


そうと決まれば、善は急げ。そのまま境内の奥に向かって続く未舗装路をずんずん進んで強引に山を下り、県道に復帰。
少し西に向かったのち、ナビの指示に従ってなにもない交差点を北に向かって走る。快走路が続いたのち、大変立派な
鉄橋で酒匂川(=軽巡酒匂の命名元。残念ながら、分霊元の神社は不明らしい)を越える・・ところで、停滞に捕まるorz

まったく動かない車列の中で情報を集めるが、どうやら、橋を渡った先で合流する R246が大渋滞している模様。まぁ、
連休中だもんな; 仕方がないので、橋の上から見える景色を楽しむ。目の前は大きな山がいくつも並んでいるが、
その合間の高いところを、赤い色の道路が横一文字に貫いている。そう、あれは東名高速。あんな高いところを
走ってるんだな。普段はあちらを走る側の立場なので、なんだかすごく新鮮な気分で道路を見上げる。楽しい。

なんとかR246 に入ったあとも、延々と渋滞は続く。それにしても、今日の神奈川県区間ってずっと渋滞っぽい気がする。
ほんと、もうちょっとなんとかならんのかなぁ、神奈川県・・・。やがて、ノロノロと動く渋滞にうんざりしながら長時間付き合って
神奈川を抜け、静岡に入る。そのあたりから、それまでずっと1車線だった R246が急激に立派になり、流れも急速に回復。
さらば神奈川!本当に走りにくい区間だったよ!その後、R246 は快走路となり、道の駅ふじおやまには 12時頃に到着。
トイレを済ませ、胃の調子がすっかり回復したことを確認したら、がっつりカレーを食べてパワーをいただく。感謝。


再出発。車線数が根本的に不足しており交通容量の足りてない神奈川と異なり、静岡の道路インフラ整備パワーは凄まじい。
余裕の交通容量が確保されており、ヘボドライバーもいないおかげか、幹線国道はほぼ高速道路状態。静岡の国道はすごい、
という噂は聞いていたが、ほんとすごいなこれ・・・そのまま道なりに走り抜けて三島に入ったところで、R246 とはお別れ。
交差する R1に乗り換えるが、もうほとんど名阪国道じゃねーかこれ。看板がさりげなく緑色じゃねーかこれ。いいのかこれ;

その後、R1 はひたすら真のバイパス道路状態となり、ものすごい勢いで私を西方へと走らせてくれる。気持ちいい道路だ。
海の近くを快走する高規格な R1 沼津バイパスをしばらく走ると、眠気が強烈に襲ってくる。ちょっと休むか・・・。ちょうど
運のいいことに、まもなく「道の駅富士」が現れる、という看板。よし、ここで休もう。そこまで頑張って走り、休憩・・・



・・・小さい。

施設が超絶小さい。名神高速羽島PA をぎゅっと縮めたような感じのごくごく小さな空間に、これまた小屋のような施設が。
最初はトイレのみかと思っていたのだが、いちおう(?)ちゃんとした軽食コーナーなども備えられている。これは予想外。

思わぬモノを見つけることができて、ホントに旅は楽しいなぁ。そう思いつつ軽く体操して眠気を飛ばしたら、再出発。
R1 富士由比バイパスはまもなく富士川を越えたのち、さらに海沿いに迫っていく。ときおり見える太平洋が美しい。
また、このあたりでは何か祭でもやっているようで、ときおり海の方に向かって駐車場の案内看板が立てられている。
余裕があれば立ち寄っていくのだけれど・・・なんて余裕をかましてるうち、左からは海、右からは山と道路が迫ってきて
グイグイと押しつぶされ、由比を通過。このあたりは親不知と並んで交通の難所となっていた場所だが、古い道路を辿れば
辿るほど、その様子がわずかばかりでも伺えて興味深い(とはいえ、R1ですらかなりの快走路ではあるわけなのだが)。

やがて R1 は清水に入る。快走路はまだまだ続き、いくらでも走り続けていたい気分にさせてくれる。ああ、これだよ、
やっぱりクルマをつまらなくさせているのは、やたらにストップと混雑が多い道路なんだよ。日本中の道路が静岡級の
快適さであればいいのになぁ。そう思いつつ、ひたすらに R1 を西へ。周囲の景色はめまぐるしく雰囲気を変えてくれるので
飽きるところはない。気づいた頃には野田 I.C. を通過していた。ナビを見ると、まもなくR1 を降りろという指示が出る。
そのとおりに I.C. を降り、田舎びた風景の街中を少し走ったところでようやく到着。ナビの予告どおり、ほぼ 15時。



そう。軽巡大井の艦内神社と言われているところ。人里離れたような山の上に寂しく作られていた孤高の足柄さん
異なり、静かな市街地のどまん中に美しく鎮座している大井さん。それぞれ色々だなぁと思いつつ駐車場を探してみると、
裏手(北側)のほうに、数台分止められるスペースがあった。ありがたく駐車させてもらい、神域へと入っていく。



めっちゃ美しいし、立派だ・・・。

このところ大変質素で寂れた艦内神社ばかり見てきたので、ここまで立派なものを見るのは久しぶり。幾つものお社が
合体したような作りで、石碑も色々ある。残念ながら、軽巡大井に関連するものは見当たらなかった。しかたないね。
とはいえ、頑張った人たちが報われないのは、いささか寂しくは思うのであった。社務所と拝殿でお守りを購入。


30分ほどぐるぐる回って心を落ち着かせたら、京都に向かって再出発。昨晩風呂に入れなかったので、そろそろここらで
温泉にでも入りたいなぁと思ったものの、検索してもそれらしい施設は見当たらない。しかたない、道中で見つけるか。
再び R1 に戻り、ぐいぐい先を目指す。時間的にはかなり西に来たようなつもりだったのだが、まだここは島田付近。
京都~東京間の折り返し地点となる浜名湖すら、まだまだ先だ。そう思うと気持ちが滅入るが、曇った気持ちは
R1 の素晴らしさによってきれいに吹き飛ばされ、むしろ「楽しい!まだまだ走りたい!」という気にさせられる。

この、道路のすばらしさを何かで例えたいのだが、うまい表現が見当たらない。R161 湖西道路・・・いや、こっちの
ほうが桁違いに良いよな。R25 名阪国道・・・いや、それよりも全然いいかもしれない(線形のゆるさ的に)。っていうか
関東周辺~中部地方って、本当に道路が充実してるよなぁ。関西の道路事情の悪さは一体なんなんだろうと思うぐらい。

そんな感じで、楽しく掛川 → 袋井 → 磐田と市街地を抜け、浜松に入る。ここまで比較的内陸を走ってきた R1 は
突然方向を変え、海沿いのバイパス道路と化す。東名高速から何度も見てきた、海沿いを走る R1。・・・最高の快走路。
こんなに走ってて気持ちのいい道路を取り揃えている静岡、いわゆるオトコノコにとってなんというユートピアか。


その後、ほぼ予定通りの 17時頃に静岡を抜け、愛知へ。通過に 5時間かかっていた計算なのだが、気分的に静岡は
あっという間だった。とても気持ちよい快走気分を抱いてたどり着いた愛知は、バイパスの終端地点からいきなり
渋滞
で出迎えてくれた。テンション下がる~!もう、愛知ったら!(涙) とはいえ、現状を嘆いても何も改善はしない。
死んだ目で渋滞にハマり、熱暴走気味で測位が安定しないナビをなだめすかしつつ裏道を抜けて、豊川へ。具体的には
R1 をそのまま辿って豊橋駅方面に向かい、途中の交差点から県道 69号に入って豊川沿いを北上。R362 から R151 へ。

結局、豊川 I.C. に入れたのは 18時頃。そこから先はひたすら渋滞と眠気に苛まれつつ、21時頃に京都へ帰着。ふぅ。


5/4

なんだかんだで肝臓に疲労が溜まっていたのか、すんなり爆睡したのちすっきり起床。体調は悪くない状態に戻っていたので
カプチーノのメンテをしたかったが、生憎の雨・・・オイル交換できないorz しょうがないので、他の作業に励む。


5/5

いよいよ蚊が出てきた。ボウフラ発生装置はどこだ。

昨日の雨から空模様は一転して、朝から好天。やっとカプ弄りが出来る・・・ということで、とりあえずエンジンオイル交換。
抜いたオイルを強い陽光の下に持って行くと、わずかにメタル感が見える。まぁ、問題ない。ドレン磁石への鉄ゴミ付着は、
少しだけ多め。だが、いつもと同様細かい粒子のみ。わずかな金属の欠片はオイルに落ちていたが、指先で気づかない程度。

オイルを抜いてフィルタも外したのち、MONOTARO で買ったオイルフィルターを装着しようと思い、フィルターの中を覗き込むと
金属を打ち抜いたと思しき加工跡に、結構なバリが残っている。しかも、すぐに外れそう。おいおい、こりゃアカンやろ・・・!
バリが剥がれてエンジンに回ったらアウトやで・・・しょうがないので、少なくとも目視で判る範囲は、できるだけバリを除去。

フィルタを装着したら、朝から自転車でホームセンターまでひとっ走りして買ってきたオイル(モリグリーンブラック)を 3L1缶
および、前回の交換時にちょっとだけ余っていた残り分少々を入れ、さらに eクリーンプラスを放り込む。抜いたオイルはまだ
2,500km程度しか使っていないが、かなり黒くなっていた。それなりに汚れが取れていたのだろうか?まぁ、よくわからないが。
しかし、フィーリングはそれほど悪くないし、油圧も落ちてないので、街乗り+高速道路巡航中心で考えるならいいオイルだ。


夜。ロードノイズ問題の切り分けを行なうべく空気圧を210kPa→190kPaへ落としたのち、映画を見に出かける。その帰路、妙に
アイドリングが低くなっていることに気づく。オイル交換しただけなのに・・・しかも同じ銘柄に。何故?気温の変化のせい?


5/6

ねむい。ひたすらねむい。

連休も終わりということで、いつものようにカプを洗車&ワックス掛け。現在使っている、昔ながらのブランドの半練りワックスは
コンパウンド入りで、汚れがよく落ちる。この調子でずっと使ってたら、私を悩ませている塗装表面のキズも全部削れないかしらん。


洗車が早めに終わったので、水切りを兼ねてちょっと買い物へ。以前、カプチーノのリアハブベアリングを買った際、OD: 61.8mm、
ID: 35.0mm でインナーレースの外形が 47.7mm ということをメモっていたのだが、それに合う打ち込み用のジグは未調達だった。
というわけで、いつものように STRAIGHT に出向き、ブッシュに合わせたコマを買ってきた。46mm のソケットが OD 61.0mm で
ちょうどいい感じだったので、これを1本調達。これで、手持ちにある打ち込み用ジグにできるソケットは、以下のとおり。

BILTEMA ソケットコマ 呼び(mm)OD(mm)
1724.4
1926.3
2229.7
2431.7
26,2736.3
3038.8
3141.9
17/16"48.4
4055.0
4661.0

ついでに、その足でホムセンを巡ると、単管を差し込むためのマウントで内径 37.5mmのパイプがあったので、購入しておく。


5/7

早朝、寒くて目が覚める。ついでに、咳が止まらない。うわ、また風邪がぶりかえしたかよ・・・苦しみつつもなんとか寝直して
次に起きると咳は治まっていた。とりあえずよかった。出社。だが、昼過ぎに背中の筋肉が唐突に痛くなりはじめ、悶絶する。
なんだよ・・・くそう・・・そいえば、右奥歯の歯肉の腫れはまだ治らず。ああ、体力的に苦しい1年になりそうだ;


5/9

夜中、激しい腹痛と吐き気で目が覚める。うわぁ・・・食中毒なりか・・・?風邪なりか・・・?トイレにしばらく篭った結果
なんとかスッキリ状態に戻ったら、また寝る。背中の痛みも奥歯の腫れもまだ治らないし、ほんと今年は体調不良が続くなぁorz

注文していた予備トナーが届いたので、舞鶴の艦これイベントに向けた本を追加印刷し、トナーの品質に問題がないことを
確認したのちに古いトナーを返送する。今回は toner.jp というところから購入したが、仕事が丁寧でいいかもしれない。


5/10

背中の痛みはまだ引かず。不調は続くよどこまでも。

その便利さ故に愛用させてもらっているドコモドライブネット&ナビクレイドルだが、クレイドルをインパネ裏に仕込んでいる
関係上、スピーカーとマイクが運転手から遠い位置に存在する状態となっており、音量的にかなり使い勝手が悪かった。改善を
図るべく、ナビクレイドルのスピーカーとマイクをシールド線で延長。エアコン吹き出し口のすぐ横に持ってきた。最終的な
形態をどうするかさておき、実証実験のため仮設置。やはり、音はよく聞こえるようになった。マイクのほうは別途検証要。

カプチーノのハブベアリング交換に先立ち、ハブの構造を観察。よく見ると、ハブの軸はベアリングのインナーレースより
飛び出さないのが仕様
っぽい。ん?ということは、ハブをベアリングに押し込むのは普通のソケットでOK ってことか。


5/11

しかし、寒い。気温は 20℃程度でそんなに低くないけど、体感温度の低さがすごい。この時期、こんな寒かったっけ?

そんな寒い中であるが、ようやく背中の痛みが引き出した。二の腕に若干の痛みが残っているが、それは些細なこと。
とはいえ、些細なことであっても全身各部がぞれぞれ痛んでくれば、塵も積もればなんとやら。これが加齢ってことか・・・


5/14

突然やってきた台風が過ぎ去ったのち、急激に空気が生ぬるくなった。先日までの寒さはどこへやら。いよいよ夏到来。
蚊もでてきたしな。そんなことを考えつつ、気候の急変についていけない我が肉体。奥歯の歯肉の腫れも収まらない。
腫れだしてからそろそろ一ヶ月か・・・しかし、この腫れはほんとつらいorz 根本的には、親知らずを抜くしか無い。。。

Ingress。仕事からの帰路、大量のCFを貼り直させてくれた敵エージェントのお陰で効率よくAPが集まり、A11 へ。
よっしよっし・・・このペースだと、A12 になるのは梅雨明け頃ってところかな?ますます頑張ろう、健康のために。


5/16

愛用中の Xperia Z1 の液晶保護フィルムに手垢がつきまくって、拭いても拭いても取れない。諦めて、貼り直し。そのついでに
保護ケースと擦れてキズがついてしまった飛散防止フィルムを剥がす。剥がすのは実に簡単で、特に加熱などしなくても、パワー
プレイでメリメリ剥がせる。とはいえ、付着力はちょっと強いので、ガラスに対して変な力をかけないように注意しながらの作業。

コンビニまで出かけ、軽自動車税を納付。7200円。来年からは12900円になるらしい。これで、税金の安さでいろいろ難癖つけてくる
普通車乗りに対して少しはデカい顔ができるかなw そんなことを思いつつ、空気圧を190kPaに下げた状態で高速道路を巡航。
ロードノイズがすさまじい東名阪道と路面が同じじゃないから直接の比較にはならないかもしれないけれど、静か。これかな?


帰宅後、明日のイベントでの配布に向け、ひたすらペーパー作成。ほんと時間がないorz
そんな状態であるが、奥歯肉の腫れのほうは幸いにもずいぶん引いてきた。助かった。。。


5/17

今日は、艦これ同人誌即売会の、砲雷撃戦舞鶴。タケル氏のスペースで委託させていただくので、拾っていってもらうことに。


出発は早朝になるため、睡眠サイクル調整目的でハルシオンを半錠服用し、5時過ぎにスパッ と起床。半時間ほどで手早く準備し、
6時前にタケル氏に拾ってもらって自宅を出発。時間に余裕ありまくりんぐなので、京都高速を使わず快調に京都市内を西進。
その途中、自宅から電話。なんと、家にサイフを忘れていったことが判明orz やむなく一旦戻ってもらい、45分のロス。


再出発。ロス分を取り返す意味で、今度は京都高速をフル活用して京都市を横断してもらう。こんな気持ちのよい休日の朝なのに、
道路はガラ空き。心配になりつつも、スルスルと丹波 I.C. に到着。あと 2ヶ月程度で京都縦貫道は全通することになっているので、
丹波 I.C. よりも先の道路の工事もほぼ完了しているように見え、そのまま道路を真っ直ぐ進んでしまいそうになるw だが、よく
見ると本線側には小さいバリケードが設置されており、I.C. の流出路の左分岐にしか進めないようになっていた。わかりづらい;

ともかく、これまではまっすぐ進んで終わりだった丹波 I.C. だったが、これからは左分岐での流出になるわけで。変わりゆく景色を
軽い感傷を伴いつつ眺め、R9 へ。その後はいつものとおり、R27 に分岐したのち、京丹波わち I.C. ・・・をうっかり通り過ぎw、
R27 で西舞鶴まで。だが、別に改めて高速を使うべき状況でも距離でもなんでもなかったようで、8時半ぐらいには到着。


タケル氏がクルマを停めている途中で、ゴンドワナ各位と遭遇。なんという偶然かw 駐車場で大量の荷物を降ろして輸送準備を
進めている各位を見つつ、まだ時間に余裕があった我々TKL Factory.組(?)はとりあえずお散歩。赤レンガ倉庫脇を抜け、
周囲の施設にあるポータルの hack 等で小一時間を潰す。今回の拠点となる赤レンガ倉庫は草原状態。なかなかに壮観w

ひと通りの Ingress 活動を終えたら駐車場に戻り、我々もサークル入場。好天に恵まれた本日、建物内も暑くなりそうだ。



想像していたよりもずっと幅が狭い、赤レンガ倉庫の中。サークルスペースとしては3列あり、それが入り口から奥まで
長手方向に続く形となる。1列がいわゆる「壁」だけど、残り2列しかないからポジションとしては「壁」と似たようなものだw

設営を終えたのち、表ので店を軽く冷やかしていると、やがて開幕の時間が訪れる。今日もまた売り子参戦。まったり。



イベントは全体的に盛況であったし、本職の卵と思しき水兵さん候補もウロウロしていたりでちょっと他にない雰囲気
味わうが、特に「本が売れる」というイベントではなく、比較的平穏に時は過ぎる。まぁ、そういうのも悪くはない。


まったりした雰囲気の中 15時を迎え、イベントは閉幕。手早く片付けを終えてガレージに戻ると、ゴンドワナ組とみゅうさんも
戻って来られていた。しばらく立ち話などしたのち、舞鶴のとれとれ市場へと移動して昼飯。海鮮丼を食って腹を膨らませたら
京都に戻る途中の道の駅へと移動し、そこで長々としゃべくり。有馬さんによるれつまるさんへの Ingress布教が始まるw
特にオッサンになればなるほど、Ingress は面白くなると思う。昔懐かしい遊びの雰囲気を味わいつつ、運動にもなるし。

結局 20時ごろまでだらだらしたのち解散し、タケル号に揺られて21時過ぎに帰還。いやぁ、たのしい一日であった。。。


5/23

決して忙しくはないのだが、なんだか余裕があるようなないような、微妙な仕事の負荷が続く。精神力の調整が肝要。

そろそろ Android Wear 5.1.1 が出るとアナウンスされていたのだが、SmartWatch3 にはなかなか落ちてこない様子。
来週ぐらいには・・・きっと・・・。ペアリングする端末側の各種アプリも少しずつアップデートされていて、準備万端
ではあるのに。機能面での拡張もかなりあるようだし、安定性向上面も楽しみ。はよう来い来い 5.1.1。


昼過ぎからバスに乗ってタケル邸に向かい、タケル号でグランキューブ大阪へ。目的は、かなり久しぶりの参加となる
ゆかりんのライブ。開演はいつものように夕方過ぎだが、到着予定時刻はそれよりも1時間少々ほど前。その理由は、
タケル氏と二人して大阪市内をウロウロし、hack に励むため。こういうタイミングで、UPV の実績稼がないとねぇ。

阪高16号を阿波座手前で降りて、新なにわ筋沿いの時間貸しで駐車。そこから少し西の市街地に入り、北上しつつ
ひたすらハック。大阪の市街地を歩く機会があまりなかったため、新鮮味がある。大阪は商業の街であるからか、
ちょっとした神社がけっこうあちこちに存在する。
当然ながらそこはポータル。飽きない間隔で次々と現れる。
夢中になって遊んでいるうち、阪神高速の下をくぐり、ルートイン北側の通りを抜けてあみだ池筋へ。まもなく
靭公園の西端が現れる。せっかくだからこの中を歩くぜぇ!進路を東に取り、靭公園を東西に横断する。

都市の中心付近にあるにしてはとても大きく、施設も充実している公園。いや、むしろ大きな都市であるからこそ、
こういった施設を存在させることができるのかもしれない。しばらく歩いて大きな通りを渡ると、たくさんの家族連れで
賑わう空間が広がる。ほう?そこには色とりどりの花が並べられ、まるでテーマパークのような雰囲気を作り出していた。
あまりの立派さに少々心を奪われる。すごいな、大阪。こんなすごい施設を持ってるんだ・・・初めて知ったよ、うん。

感激しつつ公園を出て、さらに北上。しばらく市街地で遊んでいるうち、大きな川に行き当たる。手前を西に折れて
少し歩くと・・・おっ、グランキューブ。本日の目的地だ。時間的にもいい感じ。いい感じに散歩が楽しめた。


その後、ピンク色の人々がひしめく空間に突撃し、ゆかりんライブ。いつもよりもしっとりしたオトナな感じのライブ
楽しんだら、急いで電車に乗り、通天閣方面へ。いつもの面々の飲み会が行われていたので合流し、打ち上げを兼ねて
こちらも軽く呑み呑み。あんまりこのあたりに来ることもないので、かなり新鮮な気分。今日は大阪を満喫してるよ私。

いい感じに楽しんだら、帰路。電車で長堀橋まで戻ったら、そこから歩いてタケル号の駐車場所へ。Ingress パワーの
おかげで、これぐらい歩くのはむしろ歓迎という方向。サクサクっと歩いてタケル号に乗り込んだら、あとは
いつものようにタケル氏のお世話になり、京都市内まで無事に帰宅。いや、ほんと、毎度おおきに;


5/27

忙しいorz


夕方になってようやく、SmartWatch3 用 5.1.1 の OTAファイルがリリースされた。端末側にはなかなか降ってこないのが
わかっているので、イメージを拾ってきたら adb sideload でインストール。普段は全く Android を意識しない watch だが
adb で繋ぐと「あ、こいつ、Android だ」と再認識させられる。インストール自体はトラブルも無く、さっくり終了。

早速起動させ、今回のアップデートの目玉であった地図を弄る。Watch側で操作ができるようになったわけだが、これが
なかなかクイックレスポンスで使える使える。おもしろい。だがしかしこれ、すごく電池を喰うはずだw 用心。

右奥歯の腫れはようやく収まった。一ヶ月ぐらい? 結局、清潔にするしないとかほとんど関係ない感じorz


5/28

Ingress で Guardian の Platinum をゲット・・・!111111!!!!!11!!


いつものように壊れた会社サーバを修復して帰宅すると、今度は自宅TV の録画HDD が故障していた。わりと長持ちしたなぁ。
念のため、ノートPC にその HDDを接続し、Seatools で最終診断。「修復」というオプションがあったので、使ってみるが
修復できず。こりゃダメだな。予備に保管していた 2TB の HDD を使おうと試みる。だが、どうやっても認識しない。あれ?


5/30

結局、いろいろ弄っても認識せず、埒があかない。新品HDD 買っちゃうかなぁと思ったが、よく見てみると TV側の録画設定が
狂っていて、外付けHDD が録画先に指定されていない状態になっているだけだった。HDD買わずに済み、ちょっとラッキー。


というわけで修繕予算が余ったので、前から買おうかどうしようかと考えていた Windows8.1 タブレットを買うことにした。
色々調べると、かなり安い値段で色々出ている。性能はよくわからないが、仕様はどれも似たり寄ったり。でも、ババを引かぬ
ように慎重に調査し、RAM 1GB と eMMc 16GB のやつを除外。その上で、使い勝手が悪くならないよう、充電コネクターが特殊な
もの・・・とか、とりあえず在庫がないもの・・・とかを除外していくと、最終的に CLIDE 8.9 という 8.9インチタブレットに行き当たる。
一番の売れ筋と思われる 8インチよりも一回り大きいが、重量は 500g 以下。性能的にも仕様的にも、ほぼ不満なし。よし。

さっそく、在庫があったヨドバシに出向いて実機を触ってみよう!と考え、お出かけ。カプに乗ってエアコンON して走りだす
・・・と、出だしがめちゃくちゃ重い感触。ああ、夏がやってきたんだなぁ; そんなところで季節を感じつつ、ともかく到着。
いそいそと PC売り場に行ってみる。しかし、在庫があるのはわかっているのに、店頭展示がない。うーん・・・まぁ、いいや!
こういうものは勢い!買っちゃえ、バーサーカー!というわけで、店舗内で取り置きサービスで購入し、店頭で受け取りw

受け取った端末を駐車場で軽く動作確認したのち、帰宅。Windows8.1 のセットアップが終わったので、艦これを動かしてみる。
やっぱり、Corei5 のノートPC と比べると全体的に圧倒的に遅い感じがあるものの、ゲームをプレイするには十分な性能。
悪くない。いや、悪くない、というより・・・この値段・この重さ・このこの大きさでこの性能なら、全然いいんじゃない!?
などと若干消極的に褒めていたのだが、最初は何やらバックグラウンドタスクが走っていたようで、少し置いてから再プレイ
したときは、Corei5-3317U のノートとほとんど遜色ない速度での艦これプレイが可能になっていた。うわぁ、なんてこったw


録画用HDD だが、無事認識したと思っていたが、残念ながらやっぱり認識できていないようだった。保管中に壊れちゃったかなぁ。
TV から外して PC に接続してみる。すると、ドライブとしては認識してくれるのだが、フォーマット等の書き込みがハネられる。
診断のため、USB箱に入れっぱなしで smartctl で診断を試みる。だが、VLI Product String とかいう名前で出てくるブリッジ
チップ(実際は VL701 という品番)が言うことを聞かず、参照ができない。とりあえず、こういうときは初期化(SECURE ERASE)
するに限る。SECURE ERASE を Windows で行うツールは一切使えない(全部ハネられる)ので、Ubuntu の hdparm で行こう。
まずは USB箱に入れたままで試す。オプションとして "--prefer-ata12" を指定したら hdparm からでも認識してくれたので、
さらに "--security-erase" を付けて畳み掛けようとしたが、USB ブリッジ経由だと残念ながらこれは通らない様子。
しょうがないので、デスクトップPC と USB箱の両方をバラして SATA ポートに直結し、普通に、以下のように叩く。
$ sudo hdparm --security-erase NULL -I /dev/sdc

2TB の secure erase はかなり時間がかかる。放置したまま睡眠。


5/31

・・・そして、一晩放置したところで secure erase が終わっていたので、早速確認。予想通り、書き込みアクセスできるように
代替セクタ処理が入ったか。しかし、その情報は S.M.A.R.T には一切現れない。ちょっとそれは残念すぎないか、WD・・・


そして今日は楽しい(?)休日出勤。タブレットをかばんに放り込んで出社し、たのしくお仕事♪ ふふふ♪(壊れている)

会社といえば、静電タッチパネルを持つ機器を接続するとなぜかパネルが誤動作する問題があったため、自宅で使いづらく
とりあえず会社にもっていっていた USB-AC アダプター(FILCO PLS52B)のコンセント部のプラ部品が割れ、アウトになった。
こりゃだめだ。会社での充電環境をなんとかせにゃならん。業務でも多数の端末を一気に充電するから、多ポートのがいいか。

昼休み。近くの電気屋で、9インチタブレットケースをかなり探したものの、全く見つからない。まぁ、需要ないんだなぁ;


帰宅。いつものように自転車を停めておいた市営駐輪場に向かい、自転車を出そうとした際、値上げしていた(\150→\200)
ことに気づく。えっ? 設備の強化なんかされてないし、管理者もいないし、値上げする理由なんて微塵もないんだけどなぁ・・・
なんでだろうと考えていたら、駅を挟んで反対側に、機械式駐輪場が営業開始していたことを思い出す。あれって確か、月間
\2700の定期契約制だった。つまり、\150 の駐輪場を月20日の稼働で使うとしたら \3000だから、値上げしないままだと
あっちを使うメリットが薄れてしまうパターンが出てくるということ。おそらく、誘導のための値上げ。コスい・・・orz

私も、通勤を完全に自転車化したらあっちの契約をするってのもアリかなぁと思うものの、雨がふったりするとバスを使うので
おそらく、定期契約して元を取れるパターンがあまり無い。セキュリティは高そうだし、魅力的ではあるんだけど。