▲ トップページへ戻る

Cappuccino 日記(2015/6)

▲前の月へ 次の月へ▼

指定日の日記へジャンプ → 1 2 4 5 6 7 9 10 11 12 13 14 15 17 19 21 22 23 24 25 26 27 28 30

6/1

いよいよ Windows10 の予約が落ちてきた。しかし、それは自宅で活用している 3台中、1台のみ。どういう基準なんだ?

Android Wear、気づいたらほぼ 3日間もバッテリーが持続していた。先日の 5.1.1 化において、省電力化が進んだのかな。


6/2

タブレットの購入に合わせ、Bluetooth キーボードを買い換えるべくいろいろ考えていたが、最適解がみつからない。
当面は BSKBB24+AutoHotKey で乗り切るか。でも、どう考えても Windows 用としてキーが足りないキーボードだしなぁ。


HDD hdparm だと "--perfer-ata12" で叩けた VLI Product String ブリッジ(VL701)だが、smartctl でも -d sat,12 を
指定すれば使えることが判明。早速、FreeBSD マシンに USB-HDD を接続し、long セルフテストを回して・・・回らない。
なんだよ結局ダメなのかよ・・・やっぱり、VL701 というブリッジチップがロクでもないのか。世間でもいい評判は聞かない。

ついでに、現用しているサーバのバックアップ用HDD だが、S.M.A.R.T で取得できる "End-to-End Error" の値が 3 に
増えていた。この値が示す意味は正直わからないが、ともかく死期が近づいているってことだけは確かなようだ・・・。


タブレット用のキーボードを探索。ヨドバシで探してみると、ちゃんとした109配列のキーボードが売っていることに気づく。
バッファローの SRKB02WH というモノ。専用の2.4GHz無線で接続するタイプで、幅が小さくて持ち運び用途には最適っぽい。
しかも、値段もわずか \2.3k。これなら、もしイマイチだったとしても、失敗感は少ないもんなぁ。更に色々調べた結果、
同じハードウェアで Bluetooth版(BSKBB13BK)の存在も確認。専用無線版も Bluetooth版も生産中止になったらしく、
そのせいで値段は \4.5kと少しばかりお高いが、これ以外の選択肢はもはや存在しない。後者を購入することに。


6/4

メモ:重要なデータを格納しているファイルサーバの安全性向上のために、VeraCrypt の採用を検討する。


現用している Xperia Z1 に Android 5.0 のアップデートが来ないことが確定し、かつ料金プランも単身者だとまったく
得をしない(むしろ大損)という状態から変わらないので、11月で MVNO 転出することを決意。候補を探してみると、
ちょうど mineo が docomo回線プランを始めるというニュースを見た。移るならみおふぉんかなぁとも思っていたけど、
mineo が docomo でやってくれるならそれでもいいなぁ。eo光を使ってるからと言って割引が無いのは寂しいけど。


Amazonで手配した BSKBB13BK と、Ankerの 40W USB充電アダプタが届いていた。早速、キーボードをタブレット PC に接続。
Bluetooth デバイスとしての認識は完璧で、キー配置も変態部分がなく申し分ない。ただ、ほんの僅かにキーピッチが狭い。
なまじ配列に問題がないだけに、ちょっと指が慣れない。でも、現時点で考えうる、最高にして唯一のキーボードだしなぁ。
あと 1mmキーピッチがあれば随分ぴったりと手にあったかもしれないが、もうこれ以上無いものをねだれない。慣れよう。

Anker のアダプタも試運転。実測してみると、供給電流はきっちり 1.8A 近く流せるし、なおかつ、あまり熱くならない。
CLIDE8.9 付属の ACアダプタも小さくて優れものだが、Anker のも質が良さそう。これで、モバイルで困らない装備は完成。
・・・いやいや、1つ忘れていた。マウス。ここで、随分昔に購入した折りたたみ式マウス(Mogo BT)を復活させてみる。
もちろん、Windows でしっかり認識。ホイールがないが、可搬性で目を瞑る。かなり完璧に近いモバイル環境ができたか?


6/5

Windows 8.1 タブレット。Bluetoothキーボードをつないで使っている際、キーを 3秒ほど押さなかったあとのキー入力が
一瞬だけ引っかかる現象が発生。
引っ掛かりは一瞬なんだけど、キー入力中にちょっと思考して手を止めることなんてよくある
わけで、そのたびにしょっちゅう引っかかりが発生し、とても気分が悪い。最初はキーボードが悪いのかと思っていたのだが、
なんと、Bluetooth マウスでも同じ現象が起こることが判明。RTL8723 め!と思ったが、そうじゃなくて OSの設定の問題らしい。
ここに書かれているとおりに設定してみると、確かに、少し指を止めたときでもひっかかりが出なくなった。超快適じゃん!

こりゃいいわと思って調子に乗っていろいろ設定をいじっているうち、やがてスリープに入れなくなる現象が発生。えっ!?
どうやら、RTL8723BS のデバイスのプロパティの "Wake on Pattern Match" を disable にするとダメになることが判明。謎・・・
実際は、スリープじゃなくて Connected Standby ってやつが動いているらしいのだが、これがなかなかカタブツらしい。困るな;


6/6

20万km を迎える前に実施すべき整備のうち、長年の懸案でありながら不具合が現実化しないため何年も放置状態になっていた
リアハブベアリング交換。なにしろ車軸に関するところであり、整備でわからない点も多かったのでそうなっちゃっていたのだが
もうそろそろ本腰入れるつもりにならないと、何年も前に調達した部品が使う前から劣化してしまう。しかし、本チャンのハブを
万が一にでも壊すわけにはいかない。結果、「スペアのハブ買ってこれを O/H したらいいんじゃね?」と考え、調達を行った。

というわけで届いた中古のリアナックル一式。写真の見た目は合格だったのだが、あろうことかハブボルトの1本のスプラインが
完全に無くなり、ぐるぐる空転する状態になっていた。
・・・ダメじゃん、これってつまり完全にジャンクってことじゃん orz

だが、NC/NR なのでしょうがない。いちおう販売者にも連絡してみたものの、「現状でご理解ください」とのこと。ありえないが
しょうがない。まぁ、O/H の練習台と割り切り、気にせず分解。とりあえず、ハブ、およびハブボルトを抜いてみる練習を開始。
ハブはベアリングに圧入されているが、ドライブシャフトが通っていた軸の中空部にスライディングハンマーの軸を通し、
引き抜く方向に軽く叩いてやれば簡単に引っこ抜けた。おお、思ったよりもスラハン有能デナイノ・・・! 取り外したハブを
プレスのところに持って行き、ハブボルト、およびベアリングのインナーレースを取り外す。インナーレースについては、
抜くためのベアリングセパレーターは買ってあるのだが、安い奴であるため寸法が小さく、うまくプレスに掛けられない。

ちょっと考え、ベアリングセパレーターと大型スパナ、さらにプレスの台に使う鉄ブロックの3つを井桁に組んで高さを稼ぎ、
インナーレースを抜く。また、同じようにしてハブボルトも抜く。圧入の強さは低く、あまり力を掛けなくてもスポッと抜けた。

ハブのほうが部品になったので、続いてナックルのほうも分解。こっちのほうの分解組み立てが鬼門っぽいので、メモを残しつつ
気合を入れて作業。まず、オイルシールは裏表ともツライチまで打ち込んである。適当なテコで抜き取ると、デフ側はさておき
ホイール側のオイルシールの中空部には、限界までグリスが押しこんであった。同じようにすればいいのかな。でも、なんだか
多すぎたようで、ちょっと漏れてたけど。その後、ベアリングを抜く。ベアリングを固定するサークリップは、かなり大きい。
相当口が開くサークリッププライヤーが必要。幸い、手持ちの工具の範囲で取り外せた。面取りは外側に向いていた。
ベアリング本体は、デフリアマウントを抜くときに使ったソケットと同じものを使って、裏側からプレスで押し出せば OK。
その際、アウタレースはナックルの凸部に隠れて見えないので、アウタレースじゃなく、インナーレースを押すようにする。

・・・という感じで、わりとあっけなく分解完了。アルェー。組み立てについては、ベアリングのアウタレースを押せるサイズの
コマは用意してあるので、あとはオイルシールを打ち込むための塩ビパイプみたいなのがあれば余裕で完了できそう。

品番メモ:

ハブボルトHB706(09119-12012)12x38xP1.25、ハブ側のハブボルト圧入穴内径 11.9mm
ホイールベアリング09267-35003monotaro注文コード 35094254
オイルシール43431-60B20monotaro注文コード 35364533


自宅無線LAN。5GHz の実効速度があまり出ない。リンク速度が上がらないだけならわかるんだけど、クライアント側の設定を
どのように変更しても、5GHz(11ac)での接続だと 5秒ごとに telnet の文字入力がカクンカクン止まる、という、バースト転送不良
(?)問題が発生してしまうため。いろいろ調べてみたところで、Intel 7260AC を使っている海外の俺たちもこの問題を
全く解決できていないようだ。結局、AP が使っている Atheros チップとの相性問題で FA ってことになりそう。
Broadcom チップ相手だと相性が出ないようなので、無線ルーターを NETGEAR のに交換してもいいかもしれない。


Win タブレット。Connected Standby に入れてるはずなのに Sleep 状態でクソほどバッテリー食ってる問題が発覚。原因は、
Bluetooth の引っかかり問題対策(電源OFF にできない設定)によって Bluetooth が suspend できなくなってるせいらしい。
当たり前といえば当たり前すぎる現象・・・orz 消費量は、13時間で 27% とか出ていた。ううむ。。。そうならば、いっそ
休止使えばいいんじゃん?powercfg /a で見ると休止は使えるようだ。できるっぽい感じだし、なんとかならんかなぁ。


自宅UPS が、いよいよバッテリー寿命警告を出してきた。幸いにもまだケースが膨張はしていなかったので、早めに交換しなきゃ。
探してみると、結局秋月電子が一番安かった; とりあえず、他の資材と合わせて調達。なんだかいろいろと入り用な日々だ。


6/7

休日出勤。昼休みにちょっと時間が空いたので、Intel 無線チップを積んだノートPC をちょいと引っ張りだし、各種無線LAN AP
相手の接続試験をやってみる。結果、NEC のルーターで 5GHz 帯接続だとやっぱり 5秒おきぐらいにカクカクする。いっぽう、
Apple の AP(トイレットペーパー立てたみたいなヤツ)だと全くカクカクしない。Broadcom、無敵じゃないか・・・。

機種周波数帯DL(MB/sec)UL(MB/sec)telnetでの文字連続入力時の挙動
Apple 5GHz59.1347.52カクカクしない
2GHz22.8811.76カクカクしない
NEC 5GHz14.4612.99カクカクする
2GHz46.9444.13カクカクしない
NETGEAR5GHz58.1835.65カクカクしない
2GHz40.0923.78カクカクしない

結論:NEC以外ならOK。Atheros死すべし。

・・・ということなので、相性問題のある Atherosは捨てて、Broadcom を積んだ海外メーカーの無線APに切り替えようと決意。


Winタブレット。Surface Pro 3 の設定を参考にレジストリを弄っていたら、Conncted standby に入らない(省電力に入らない)
状態になってしまったw バックアップを取ってないのでどうしたものか・・・;(←アホ ・・・と思ったけど、スリープさせたあと
しばらく放置しといたら元の状態に戻った。ヒヒヒ。お客さん運がいい。かつ、4時間すぎればいい感じで休止になるように。


カプチーノのハイマウントストップランプ考。整備書によれば、カプチーノのハイマウント消費電力は 3.3W。LED48個で Vf=2.3V と
すると、電流は 30mA という計算になる。4個単位の駆動だから、抵抗値は 150Ω。おお、小さい写真から読み取った通りだ。


6/9

自宅無線LAN が劣化してきたのか何なのか、5GHz での接続におけるカクカク動作が極大に。AP から半径 2m 以内ぐらいで
使わないと、まともに通信すらできない。ウヒィィもう我慢ならんw 先日の実験結果を踏まえ、NETGEAR R6300 を注文する。


秋月から WP7.2-12×2 が到着。WP8-12 は既にディスコンだった上、LONG の大容量はすぐ膨張するという噂があったので
敢えて 9Ah ではなく 7.2Ah の品を選択。おそらくこっちのほうが、容量(=内容積)が少ない分、外装も頑丈だろうと考え。
さっそく、UPS の電源を交換し、EEPROM のバッテリー交換日を apctest を使って更新しておく。06/09/15・・・っと。
前回は 08/26/03 ・・・ということはオリジナルのままかと一瞬思ったが、バッテリーの刻印が 2008年だったから、
ただ単に EEPROM の情報を更新していなかっただけだろうな。しかし、ハード自体は 12年モノ。健やかに動いてくれよ。

せっかくなので、死んだバッテリーの CCA を測ってみると、18~27・・・製造年月日は080110となっていたから、かれこれ
7年ほど使われた結果としてここまで内部抵抗が上がったようだ。ついでに、何年か前に購入したのち、予備としてずっと
放置してあった WP8-12 の CCA も測定。無負荷 12.2V まで低下した状態で 168CCA もあった。まだまだいける。充電。


続いて、ハブO/H のためにモノタロウに注文しておいたハブボルトが到着。ボルトの根本にあるスプラインの太さは二段階に
なっていて、細い部分の外径が 11.9mm、太い部分の外径が 12.3mmだった。ん?確か、スプラインが飛んだ穴の内寸って、
まったく同じ 11.9mm だったよな・・・あれって、溝が飛んだんじゃなくて、溝が埋まったってことなのか・・・?よくわからんな。
そういえば、特に問題が起きていなかったハブボルトを抜いた穴についても、ハブ側には、スプライン溝と言えるレベルの
凹凸はついていなかったし、抜いたハブボルト側のスプラインも潰れていた。ああ、最初っからそういう設計なんだろうか?
だとしたら、回り止めとか考えなくても済むのかなぁ?とはいえ、全くハブボルト穴がまったくツルツルだったわけではない。
低Lv.整備士がインパクトでホイールナット締めた結果、スプラインが飛んでホイールが外れなくなったりしたら泣くので、
少なくとも、いっぺんトラブルが起きたハブボルトの穴については何なりの対策は考えねばならん。うーん、めんどい。


6/10

ハブボルトの回り止めを考え続けた結果、4Φぐらいのネジ穴を中途半端に作ってイモネジ刺して、ボルトの頭に切り欠きを
作って、イモネジで引っ掛けるような形で止めりゃいいんじゃね?という考えに思い至る(言葉だと全然わからない;)。
でも、とりあえず考えだけ。急ぎじゃない作業はどんどん後ろに回す。ってダメじゃないか、これで在庫が積み上がる・・・

ずっと放置してあった予備バッテリー(鉛)の再充電が 8割がた終わり。思った以上に放電していて、結構危なかった。
CCA は 200前後まで回復。セルスタートすらできそうだけど、90A 近い電流をあの小さいファストン端子で供給できるんか
言われると心許ない。端子自体の断面積はそこそこあるとして、接点部分の容量不足であっけなく焼けるんじゃなかろうか。

LTE/3G の通信量。最近は 2GB/月ぐらいで収まっている。内訳で圧倒的に大きいのは、やっぱり Ingress。800MB ぐらい
平然と通信してやがる。いったい何をやりとりしてるんだか。まぁ、そんだけの時間プレイしてるってことでもあるけど;

Windows8.1タブレット(CLIDE8.9)は、まぁまぁ快調。InstantGo中の休止もきっちり入るし、トラブルも特にない。まだ
環境調整はあるが、概ね便利に使える。性能は低いけども普段使いするアプリではあまり不満はない。休止が使えるから
電池も十分に持続する。セキュリティホールには注意が必要とはいえ、やっぱり Windowsは自由でいいものだなぁ。


6/11

NETGEAR R6300が到着したので、ササッとセッティングして試用。ざっと使ってみた感じだと、11ac の相性問題は完全に解決。
一方、電波の到達距離および速度の問題は残念ながら解決せず。むしろ、WG1400HPの時よりも若干悪くなっている感じがある。
(電波がぎりぎり弱い地点での挙動差)。すべてが解決できるものなどないことはわかっているものの、少し残念ではあった。
ついでに、sambaサーバ相手に CDMで速度を計測するが、下り40MB/sec、上り16MB/secぐらい。これも、速くはなかった。
まぁ、それでも NECルータ+Intelクライアントの時にあった謎のカクカク動作がなくなっただけでも随分気分的には楽。


6/12

Ingress。東京出張のついでに UPV稼ぎ。新橋付近で 100以上簡単に稼げる。うわぁ、東京イージープレイランド・・・

帰宅後、R6300 の電源プラグを確認。2.1Φの一般的なやつだった。ただし、供給電流2.5Aに達するせいか、端子がクワ型。
フム・・・。少し調べてみると、クワ型は最大4A、通常型は最大1Aぐらいが許容電流だそうだ。なんだこの違いの大きさ!?


6/13

今日は天気が良いので、UPV 稼ぎ&いつもやられてる分の報復ついでに、自転車で軽く遠征 Ingress。毎日自動車で通って
見てるような景色でも、自転車から見るとすごく新鮮。健康パワーの高まりを感じつつ、地元の寺社仏閣などのポータルを巡る。

たとえば、岩屋神社とか、



山科三之宮神社とか、



たいへんステキ感あふれている。ほんと、Ingress は地元再発見ゲームだなぁということを改めて感じる。


帰宅後、ハブにボルトを圧入。やっぱりボルトのスプラインを潰しながら押しこむという作法のようで、そもそもハブ側に
スプラインは不要な模様。相当固い。プレスを全力で押し込まないと入らない。こんなもん無理だろプーラーとかじゃ・・・
しかし、削れていた1本だけについては、やっぱり圧入が若干やわらかい感じがあった(あくまで「若干」レベルだけども)。
なので、締め付け時に供回りしないよう、回転ストッパー加工。加工による応力集中が怖いなぁと思ってハブを観察したが
面取りしてない部分が多々。たぶん大丈夫だろうと判断する。ハブとホイールの間の力は「面」の摩擦力で受けるから
多少何かやったところで大丈夫だとは思われる。まぁ、もともとそんなにギリギリな設計もしていないだろうし。


PC。ひさびさに Delphi を起動し、ファイラーの細かい不具合を修正。趣味の PG だから気楽ちゃ気楽。たのし。


6/14

昨日の午前中は Ingress 徘徊で自転車に乗りまくったせいで、尻が痛い。だが今日もちょっと、報復の意味もこめて頑張る。

帰宅後、R6300 の設置位置調整など。「木造建築だと電波が通りやすい」とかいうのはあくまで 2.4GHz 帯での話であり、
5GHz 帯になると木だろうがなんだろうが余裕で電波を遮ってくれる。結局、場所なんて微調整してもほとんど意味は無い;


6/15

R6300 最終設置位置に合わせて、配線をいろいろ直す。一番足りてないのが電源コードの長さ。DCラインを伸ばしたいんだけど
12V で 2.5A も流れる(スペック上)ので、そこらの中継コネクターは使えない。コード切って延長するのが一番ではあるけれど、
さすがにまだ買ったばっかりのところであるし、いきなりの加工は忍びない。ACラインを延長して、とりあえずごまかす。


6/17

なんだか最近、本当に眠気が取れない。疲れが溜まっているのか。そんなに疲れているのか。睡眠をたくさん取るしかないのか。


R6300 だが、5GHz 帯が届かない領域というのは WG1400HP の時と変わらないものの、全体的な安定感はやっぱり 1400HP よりも
ある感じ。繋がる範囲にいればキッチリつながるし。それであっても 866Mbps なんてリンクが出ることは稀だし、常用する場所なら
2.4GHz の 11n で 8MB/sec が 11ac で 11MB/sec になってるぐらい。1400HP置き換えの費用対効果の微妙さはなかなかのところ;

Xperia Ray。LX を 0511版に更新。特にトラブルなし、しかし性能向上なども無し。ネットラジオ受信機としての余生をつましく
暮らす Ray。それにしても、Android OS 自体もかなり高性能/高機能にはなったけど、ずいぶん重くもなったものだ・・・。


以前なんとなく購入した 500円のモバイルブースター、いい感じに携帯扇風機の電源になってくれている。フル稼働させても
実測 10時間以上は動いてくれるので、イベント時などで大活躍。やっぱり、ああいう買い物はどこで役に立つかわからんもんだ。


6/19

Ingress。A12 に必要な AP は溜まった(たった一ヶ月で貯まるとは思わなかった;)が、Gold メダルが1枚足りない。
しかも、どれもこれも Silver にやっとこさ届いたメダルばかりで、Gold が遠いのなんの orz やはり、A12 への道は険しい。
これまでは「生活の中で Ingress をプレイする」レベルで足りたのだが、A12 および A13 の壁を超えるためには、
Ingress のためにがんばらなければいけない項目が出てきたってことだ。まぁ、運動の足しにはなるからいいか。

最近になって時折、6時間ぐらいで SmartWatch3 の電池が空になることが発生していた。何かのアプリの暴走かなぁと
思っていたが、どうも Android wear 5.1.1 にて battery drain の問題が出ている様子。頼むよ Sony、ちゃんと直して!


6/21

本日は、砲雷撃戦@インテックス大阪。自分のスペースではなく、またもタケル氏の場所を間借りさせてもらう。

新刊は無いけれど、それでは寂しいし・・・ということで、結局夜遅くまでペーパー準備などをしてしまったりして、あまり眠れず。
それでもなんとか起きだし、豪雨の中タケル邸へ。そこでタケル号に乗り換え、インテックスへ。インテックスに到着した頃には
すっかり雨も上がっていたので、タケル氏とともに近辺を徘徊。9時頃まで UPV 稼ぎを頑張ったのち、館内に入ってイベント開始。



静かに時は過ぎ、イベントは終了。そのまままっすぐ帰宅後、睡眠時間が足りなすぎて気分が悪くなり、何回かうたた寝。多少スッキリ。


夜。Ingress での徘徊中、体調的な無理が祟ったのか、自転車で下りヘアピンを曲がるところで思ったよりもステアリングが切れ込み、
ほぼスピード 0の状態から立ちゴケ。普段なら普通に足を付いて踏ん張って終わるはずのところだったが、かなり傾斜が強いヘアピンで
運悪く、ちゃんと体重を受け止める体制が取れなかった。坂道が下っていく方向にコロリと転げ、膝→肩→顔面の順に路面に強打し、
出血。大きな「ゴチン!」という音が頭蓋骨に響く(汗)慌てて起き上がる。慌てて状況を確認すると、左目上のあたりにたん瘤が。
さいわい、出血は大したことはなく、軽めの傷を負った程度で済んだようだった。とはいえ、いかんせん硬い路面で頭を打ったという
ことで、いささか恐れが出てくる。とりあえず急いで帰宅し、傷口を消毒して様子を見る。最初はなんとなく寒気のようなものを
感じたりしていたが、落ち着くに従って大丈夫になり、その代わりに傷の痛みが ヒリヒリ広がりだした; 顔の傷は見た目ちょっと
大きめだったが、それほど痛さはない。むしろ、膝のキズが ヒリヒリ以上でつらい。気付かなかったけど、結構ここで力受けたようだ。


6/22

朝から、念の為に病院へ。こういうときは脳神経外科かな、と思い、そういう科があるところを探して電話で予約をしてみると
受傷から 24時間以内なら救急になるので、受付に来て救急外来で見てもらってください、とのこと。へええ。そういう扱いなのか。
さっそく病院へ向かい、救急外来で受付。少し待つと、「ER」と書かれた大きな扉をくぐり、その入り口付近にある個室に通される。
うわぁ・・・TVドラマで見たそのまんまの ER の風景だよこれ・・・すごいかっこいい・・・。そんなことを思いつつ、診察を受ける。
診断は FAST で行われた。幸いにも特に問題はなさそうで、外傷の手当を受けたのち、絆創膏をもらってそのまま帰宅。ホッ。

その後、昼から出社し、夜に帰宅。膝の傷が痛む程度で、頭の方は問題なさそう。よかった・・・


6/23

帰宅後、傷口に貼ってもらったキズパワーパッドを交換。実は、今回初めてキズパワーパッドなる新型(?)絆創膏を使ったのだが
これ、防水もしっかりしててなかなかいい感じ。ただ、傷の治癒状況がまったくわからない。パッドの上からの見た目はブクブクと
白い膨らみが目立つので、まるで膿んでいるように見える。だが実際は、体液を吸ったパッドのゲルが膨らんでいるだけっぽく。

いろいろ調べてみると、傷の状況をみるためにはやっぱり剥がして確認するしかないっぽい。試しに、モチのようにしっかりと
皮膚に貼り付いたパッドを、湯に晒しながら剥がす。傷はまだ赤いが、肉は盛り上がっている? とりあえず順調っぽい・・・
消毒しちゃいけないので、残ったゲル成分を軽く水洗いして落としたら、そのまま新しいパッドを貼り直す。数日後に交換。


6/24

自転車でころんだ時にできた大きなたんこぶは、幸いにも概ね引いたようだ。あとは、傷を治すだけ。本当、この程度の怪我で
済んだのは、不幸中の幸いだった。この運の良い経験を無駄にするわけにはいかない。早速、自転車用のヘルメットを注文する。
自分の頭のサイズを測ってみると 60cmだったので、折りたたみ式ヘルメット(L-XL の PLIXI)を注文。これなら邪魔にならない。

Windows8.1 タブレットで、スリープ時にもバッテリーを食ってしまう問題。しばらくは休止に入れることでしのいでいたが、
スリープ前に機内モードに入れるという方法でも良い、という話を聞く。それなら利便性をさほど損なわないなぁ。試してみよう。


6/25

機内モードを試してみたところ、確かに何時間スリープさせても全然電池が減らなかった。これはいいかもしれない。


6/26

出張のために新幹線ホームに上がってぼーっと待っていると、ドクターイエローがやってきた。こんな間近で見れるとは!運がいい!



だが、別に仕事にも幸運が訪れるということはなかった。そりゃそうですよねー・・・


先日注文したヘルメットが届いたので、早速組み立ててかぶってみる・・・が・・・縦の長さに対して、横幅が狭すぎて痛いorz
これが、外人の頭蓋骨と日本人の頭蓋骨の形の違いってやつか。耳の上辺りが痛くて 5分とかぶっていられない。削るしかないか。


6/27

休日出勤。今週は誰もいないかなーと思ったら、出勤してる人がいっぱいいた。ちょうど忙しい時期かなぁ。
昼休みは少し時間をずらし、近傍にある観光地付近のミッションをクリアして回る。天気悪いけど、暑さはちょうどいい。


帰宅後、頬の傷に貼っていたキズパワーパッドを剥がす。剥がし時が分かりづらかったが、はがすと綺麗に皮膚が治っていた。おお!

ヘルメット。意を決し、頭蓋骨を圧迫してくる部分の内装を削る。内装は硬質な発泡材料なので、彫刻刀で静かにゴリゴリと。
結果、なんとかうまく収まる感じに。削ったところには、薄いスポンジを貼り付けておく。これでちょっとは安心できるかな。


6/28

休日。息抜きに、堅田~大津付近を車で彷徨う。カプはきわめて快調。ひさびさのドライブは楽しい。

そのついでに、Ingress のミッションを2つほど消化。そのうちの1つは手頃な規模で良かったが、もう1つは長距離移動を要し
クルマ推奨なのにも関わらず、駐車場の無い市街地のローソンとかがポイントに指定されていてちょっと危ないなと思ったので
NG にしておく。いや、ミッション自体は面白いけど、周囲に迷惑を掛けかねないミッションってのはさすがにダメだと思う。


6/30

Ingress。相変わらず Gold メダルが足りないし、次の Gold メダルが手に入る雰囲気もなかなか無い。一方、AP は順調に貯まり、
もうすぐ A12 → A13 で必要となる分の 1/3 ぐらいには達しそうな雰囲気。まぁ、慌てるようなゲームじゃない。ゆっくりやろう。

先日の立ちゴケで首を傷めたのか、それとも寒暖の差の激しさに体調狂ってるのか、その両方なのか、なんだかクラクラする。
こういうときに無理をすると、今度こそとんでもない事故をやらかすだろう。今日は夜の徘徊をやめて、体調回復に専念。